風海 トップページ>スタッフブログ>2011年10月

2011年10月

10月の「うたごえ風海」

今月も「うたごえ風海」開催しました。

うたごえ10月.JPG

まずは準備体操を兼ねて「ふるさと」を手話を交えて歌います。

その後は皆のリクエストに応えて合唱していきます。

 

月1回みんなで集まって元気に歌おうと始めたこのイベント。

2010年4月から初めて早いもので1年半が経ちました。

毎月20名ほどのお客様が参加してくれます。

 

伴奏も初めはキーボードのみでしたが、今ではアコーディオン、オカリナ、時々ギターも加わり、豪華になってきました。

 

オカリナを担当してくれている竹林康子さんは、この「うたごえ風海」以外にも数々のイベントを開催しているオカリナ奏者です。

7月に「音楽と語りのおもちゃ箱」と題して風海でイベントを開催してくれました。

オカリナとギターの演奏、そして朗読とがコラボした楽しいイベントでした。

 

好評につき、11月にも同様のイベントを開催する事が決定しました。

開催日時は11月20日(日)17:00〜です。

詳細については近日中にホームページにアップします。

ぜひ、たくさんの方に参加していただきたいと思います。

 

次回の「うたごえ風海」は11月26日(土)14:00〜開催です。

タイル

ご近所にお住まいのIさん。

このたび、東京に新居を構えるにあたってキッチンを彩るタイルを作成しています。

その一部が焼きあがりました。

タイル.JPG

ピンクと白の粘土を混ぜてマーブル模様にしています。

この他にもオレンジと赤の顔料で絵付けをしたタイルと春夏秋冬で掛け換える事のできる表札も作成しました。

出産間近の大きなお腹を抱えて頻繁に通ってくれ、先日全ての作品の絵付けが終わりました。

写真を載せることはできませんが、なかなか手の込んだ春の表札も焼きあがり、新居は楽しいお宅になりそうです。

 

新しいものを創り出す。

指導していてこちらも楽しくなってきました。

後は釉薬をかけ本焼きをして完成です。

 

 

Before-After

10月1日(土)、2日(日)と今年で44回目となる「伊勢原観光 道灌まつり」が開催されました。

そして今年で3回目となる「いせはら文化・芸術めぐり」も1日からスタートしました。

 

風海も毎年、道灌祭りの際にはイベントを開催しています。

今年は「社会福祉法人 進和学園」の皆さんの協力を得て、陶器市を開催しました。

ふだんは締め切っている陶芸工房側のドアを開け、オープンカフェのような姿になります。

 

BeforeBefore.JPG

 

AfterAfter.JPG

 店舗前で進和学園の陶器市を開催しました。

写真に写っているのは進和学園の利用者のお二人。

当日午前中は晴れて日差しが強く、少々お疲れ気味。

進和作品.JPG

犬の箸置き、犬のお皿、マグカップ、花器などやラスクを販売していただきました。

お祭りで人通りが多く、作品を手にしてくれるお客様が多くいました。

 

開放された陶芸工房側から店内を写すと・・・。

道路側から.JPG

こんな感じ。

逆に店内から道路側を写すと・・・。

店内から.JPG 暗くて分かりづらいかもしれませんが、こんな感じです。

 

工房のスペースでは当店の陶芸家「小林謙介」の作品を展示販売しました。

こちらも開放的になった店内に誘われるように入ってくるお客様がたくさん手にしてくれました。

道灌祭り展示作品.JPG

道灌祭り展示作品2.JPG

開業前の企画段階からいろいろなイベントに対応できるよう、このお店を設計してくれた工務店の方と何度も打合せをし、このようなお店の形になりました。

今までは道灌祭りの時に開放するぐらいでしたが、これからは陶器市の他にもいろいろなイベントを開催してみようと考えています。

ふだん見ることのできない風海を見るチャンスです。

企画が決まったらこのホームページ上でご案内しますので、ぜひ足をお運びください。