風海 トップページ>スタッフブログ>2011年11月

2011年11月

11月の「うたごえ風海」

毎月恒例の行事となった「うたごえ風海」。

今月も開始しました。

ここ数日で休に寒さが増して冬らしい気候になってきましたが、そんな中20名近いお客様が参加してくれました。

今回もアコーディオン、オカリナ、キーボードと豪華な伴奏です。

11月のうたごえ.JPG

まずは今月誕生日の方を祝う「Happy Birthday to You」を歌いました。

風海のマスターも実は11月が誕生日だったりします。

その後はリクエストに応えて皆さんで合唱していきます。

 

そして今回はスペシャルゲストが・・・。

「第35回 国際口笛大会」シニアの部で優勝をした「奥田憲弘」さんが駆けつけてくれました。

11月のうたごえ2.JPG

休憩時間を利用して澄んだ口笛の音色を聞かせてくれ、さらには伴奏にも参加してくれました。

あちこちで演奏活動を行っていてお忙しい方なのですが、また機会があったら参加してくれるそうです。

 

時々このような形でゲストが参加したり、特別企画を催している「うたごえ風海」。

次回は12月25日(日)14:00〜開催です。

クリスマスなので何か面白いことを考えています。

開催日が近くなったらまたホームページでお知らせします。

 

※8月〜11月の間、スタッフの都合で第4土曜日の開催でしたが12月からは第4日曜  

 日の開催に戻ります。お間違えの無いようにご注意ください。

 

音楽と語りのおもちゃ箱

11月20日(日)。

音楽と語りのおもちゃ箱.jpg

「音楽と語りのおもちゃ箱」開催しました。

朗読とギター&オカリナのライブです。

7月にも開催しましたが、とても好評でリクエストが多かったため再演してもらいました。

 

音楽と語り.JPG

左から「ねこまくら」こと武順子さん(朗読)、中央は「銀河響」こと岩佐明宏さん(ギター)、右は「ちくりん」こと竹林康子さん(オカリナ)です。

 

まずは「ねこまくら」さんの朗読「よだかの星(宮沢賢治作)」です。

音楽と語り2.JPG

こちらの作品は何度も本で読んだことはあるのですが、朗読で「聞く」とまた一味違った印象を受けました。

醜い姿で皆からさげすまれているよだか。それでも生きていくためには小さな羽虫を食べていかなくてはいけない。それならば、自分の体が焼けてもかまわないから星空で小さく光る星になりたいと願う。

そんな悲痛な叫びがビシビシと伝わってくるようでした。

合間合間にギターとオカリナの効果音?が入り、場面を盛り上げます。

すっかりこの作品の世界に引き込まれてしまいました。

 

小休憩の後は「響」さんのギターと「ちくりん」さんのオカリナの演奏です。

IMG_0027.JPG

オカリナの透明感のある音色。

オカリナも大きなものから小さなものまで使い分けて様々な音を繰り出していきます。

「ちくりん」さんは「うたごえ風海」の伴奏にも参加してくれ、毎回ステキな演奏を聞かせてくれています。

 

音楽と語り3.JPG

そして「響」さんの男性らしい力強いギター。

特に「津軽三味線」ならぬ「津軽ギター」は圧巻でした。

ギターを三味線のように弾いていくのですが「響」さんが全身でギターをかき鳴らす姿は見ていて汗が出てきました。

 

「3人がぎゅうっと詰まった’おもちゃ箱’が届きます」

今回の案内チラシに書いてあった一文です。

まさに「ぎゅうっ」といろいろなものが詰まった素晴らしい「おもちゃ箱」が届きました。

 

また来年の4月くらいにライブを企画してもらうことになりました。

詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせします。

一見の価値アリです。

スタンプラリー抽選会

10月1日(土)〜31日(月)に開催された「第3回いせはら文化・芸術めぐり」のスタンプラリー抽選会が11月19日(土)に開催されました。

 

昨年は会場が狭く参加者全員が会場内に入りきらなかったので、今年は文化会館の小ホールをお借りして開催しました。

今年も参加会場の皆さんのご協力を得て250点近い景品が集まりました。

景品.JPG

絵画、食品、陶器、お酒などなど内容は様々です。

 

当日は風雨の強いあいにくの天気でした。

でも、抽選開始時刻には90人近い参加者が集まってくれました。

会場の様子.JPG

参加者の全体的な年齢層は高めでしたが、中には子どもをつれたご家族もいて昨年に比べると若い世代の方々にも受け入れられてきたのかな、と思いました。

 

代表の挨拶から始まり、いよいよ抽選開始です。

まずは全会場を制覇した方のための特別賞をお渡ししました。

会場数が増えたにもかかわらず、4名の方が全会場をめぐってくれました。

 

それからは一般の方々が次々と抽選を行っていきます。

大きなものが当たると会場内にどよめきがおこったり、子どもにお酒が当たっちゃったりして笑いがおこったり、終始和やかな雰囲気で進みました。

 

そして、今年は参加者に比べて景品数が多かったので2回抽選をしてもらいました。

皆それぞれ景品を受け取るときに嬉しそうな顔をしていたのが印象に残りました。

風海からは陶器とコーヒー無料サービス券のセットを提供しましたが、全て参加者の方々の手に渡りました。

 

抽選会が終了して、今年の早い時期から準備をしてきた「第3回いせはら文化・芸術めぐり」の全ての行事が終了しました。

事務局として参加をしていたので今はホッとしています。

いろいろと反省点はありますが次回への課題事項として改善していきたいと思います。

 

今の時点で来年はぜひ参加したいという新しい会場も出てきているので、来年はさらに大きなイベントになる、かも?