風海 トップページ>スタッフブログ>2012年9月

2012年9月

ようやく

秋らしい気候になってきました。

朝晩は肌寒いほどに気温が下がり、昼間は晴れていてもサラッとした爽やかな風が吹くようになりました。

120928秋雲.JPG

空には、さば?、いわし?、うろこ?、秋らしい雲が流れています。

 

今日は焼き物の表情を決定付ける本焼きをしてきました。

朝6時に寝ぼけ眼で窯に火を入れ、夜7時までの13時間、窯の面倒をみます。

15分おきに温度のチェックと必要であれば窯に火を送り込むバーナーの調整を行いますが、それ以外にはこれといってやれることはありません。

窯小屋にロクロがあれば空いている時間で成形ができるのですが、狭い小屋なのでそれもムリ。

 

なので、やることと言えば、読書か、新作の構想を練るか、自然観察ですsmile

 

!!!

120928彼岸花.JPG

彼岸花を発見しました!

この時期になると田んぼのあぜ道に群生しているのを良く見かけます。

遠めに見ても目を引くあの赤は見るとドキッとさせられます。

 

ちょこっと調べてみると別名がけっこうあるらしく・・・。

曼珠沙華 、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花などと呼ばれて日本では忌み嫌われる事のほうが多いようです。

しかし、逆に「赤い花、天上の花」の意味でめでたい兆しとされることもあるようです。

また、根っこには毒があってもちろんそのまま口にすれば危険ですが、飢饉の時は毒抜きをして食べられていたそうです。

 

でも、近くで見ると繊細でかわいらしい花のつくりをしています。

外国では観賞用として栽培されていることもあるとか。

 

今日は台風の影響で風が強く、小屋に置いてあるいろんなものが飛ばされかけたり、ちょっと大変な窯焚きでしたtyphoon

後は2日後の窯出しを待つばかりです。

良い焼き上がりでありますように。

阿智からの贈り物 その後

楽しかった阿智キャンプから早くも1ヶ月ちょっとたちました。

先日、キャンプに行った人、行けなかったけどどんなことやってきたのか興味ある人が集って、反省会を開催しました。

まぁ、「反省会」と言ってもみんなで楽しく飲んで食べる、ただそれだけなんですけどねsmile

 

当日は少し前に阿智村から送ってもらったお野菜を使って料理を提供しました。

120923宴会料理.JPG

 

お品書きは・・・。

120923オクラぬか漬け.JPG

阿智オクラのぬか漬け。

 

かぼちゃのキッシュ.JPG

阿智カボチャのキッシュ。

カボチャそのものを器として使ってオーブンで焼き上げました。

こちらは、あっという間に売切れてしまいました。

 

〆秋刀魚とミョウガのご飯.JPG

〆サンマと阿智ミョウガのまぜご飯。

 

その他にも

・秋サンマのオーブン焼 阿智トマト添え

・阿智ミョウガのてんぷら

・ゼンマイと刻み昆布の田舎煮

・揚げ手羽先の甘酢ソース煮

・春雨オイスターソース炒め

・油揚げ豚肉大根巻き煮

などなどなど。

全部で13品ほど提供しました。

 

20人ほどの参加者の皆さん。

みな「うまい!」を連発していました。

 

素材が良いとほんの少し手を加えただけでとびきりの料理に仕上がります。

その料理につられてお酒の量もどんどんup

たくさん飲みましたbeer

 

よく飲んで、よく食べて、よく語らって・・・。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎていくのでした。

 

素晴らしい食材を送ってくれた阿智村の皆さんに感謝です。

阿智からの贈り物

夏にキャンプでお世話になった長野県阿智村から贈り物が届きましたhappy01

120918阿智野菜.JPG

玉ねぎ、ピーマン、ナス、トマトなどのお野菜。

どれも新鮮でそのまま食べても美味しそう。

 

この他にも

120918阿智秋ミョウガ.JPG

秋ミョウガもたくさんいただきました。

秋ミョウガは夏ミョウガと違って身がしまって味が濃いそうです。

このミョウガは高級料亭にも卸している逸品です。

 

さて、どう料理してあげようか。

素材が良いからあまり手を加えずに仕上げるのが良いかなぁ。

いろいろと考えてみますwink

 

 

ちょこっとだけ紹介

今年はなんだか厳しい残暑が長引いているような気がします。

そんな中、10月に置地廣場イオン秦野店さんで開催される「風海展」のために毎日ロクロをぶんぶん回したり、模様をつけたりと作品作りに追われていますsweat01

 

暑くてもようやく秋らしい爽やかな風が吹き始め、成形の終わった作品もそこそこ乾きが早くなり助かっています。

120913線紋マグ.JPG

乾燥の終わったマグカップ。

赤土に黒化粧で模様をつけました。

名前はどうしよう・・・考えておかないと。

 

120913帯紋マグ.JPG

こちらもマグカップ。

上のマグとは違って大胆に模様をつけてみました。

 

120913面取り花器.JPG

これは花器。

厚めに轆轤で挽いて面取りしてみました。

ところどころに銀彩を施してみようかと。

 

10913銀彩大鉢.JPG

こちらは焼き上がりで直径30センチほどになる予定の大鉢です。

柄はフリーカップや飯碗で定番になっている黒銀彩にします。

ただし、模様のつけ方に一工夫する予定です。

ひさびさに大物を挽いてみて初めのうちは戸惑ったけれども、体は結構覚えているものです。

わりとすんなりと形になってくれました。

 

これ以外にもやってみたいことがたくさん。

ただ、時間が・・・。

でも、やれるだけのことはやってみようと思いますwink

風海展に向けて

陶器の展示販売でお世話になっている置地廣場イオン秦野店さん。

10月に通常販売している作品以外にマグカップや大鉢などを加えて「風海展」を開催していただくことが決まりましたgood

現在、そのための作品を作成中。

120909マグ.JPG

こちらは将来はマグカップになる予定です。

風海に来店されるお客様からは「取っ手つきのカップがほしい」との要望がかなりあるので、動きがあるかもしれません。

外側に施す模様も従来の作品にないデザインにしようと思います。

 

120909黒銀彩花器.JPG

 こちらは黒銀彩花器。

高さ12センチほどのミニサイズの花器です。

野に咲く草花をほんの少し活けて見てほしいなぁ、と思って試しに作ってみました。

こういうちっちゃなものも需要あるかなぁ、と思っていたらさっそく1個売れちゃいましたhappy01

 ウム、決定。

これも風海展に出展しよう。

 

トライアル的な作品の展示も良いよ〜、とのお話もあるのでいろいろ試してみて今後の自分の作品の幅を広げていけたらと思っています。

 

詳細な展示スケジュールなどが決まりましたら、またこのホームページでお知らせします。

 

しばらくはロクロぐるぐるの日が続きますtyphoon

今週のお楽しみケーキ

ひさびさに来てくれたケーキ作りの上手なおねえさん。

今日はマンゴーロールケーキを作ってくれました。

マンゴーロール.JPG

マンゴーの芳醇な香りと生クリームがマッチします。

 

今日は雨がふったりやんだりの天気rain

そのおかげか暑さもやわらぎ、すごしやすい気候でした。

げんなりしていた草木たちも元気になったようです。

 

これを書いている今は雷雨ですthunder

こうやって一雨ごとに涼しくなるのかと思うと、厳しい暑さが続いていただけに嬉しくなります。

 

ケーキは数量限定です。

お早めにどうぞdelicious