風海 トップページ>スタッフブログ>2012年12月

2012年12月

年内最後の

営業日。

外は雨rain

まったりとした時間が流れています。

 

今年も1年たくさんのお客様が来店してくれましたhappy01

そして、数々のイベントも開催してきました。

121225うたごえ.JPG

毎月恒例の行事となった「うたごえ風海」。

 

121021日曜朗読会2.JPG

年4回、季節毎の開催となる「日曜朗読会」。

 

121111ちくりん&響.JPG

朗読とオカリナ&ギターのコラボライブ「音楽と語りのおもちゃ箱」。

 

121215二人.JPG

今年初めて開催したブルースハーモニカとギターのジョイントライブ。

 

121211秋山里奈さん2.JPG

ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した「秋山里奈」さんが来店してくれて講演会を開催したこともありました。

 

そして、ギャラリースペースでは切り絵、絵画、写真、つるし雛などこれも多彩な作品を展示しました。

こうやってブログを書いていると、あのときの笑顔、このときの笑顔、といろいろとその時の思い出が蘇ってきます。

カフェ&居酒屋タイムではゆたっりとした時間が、陶芸教室では粘土こねこね無心になる時間が流れました。

 

121012置地廣場秦野店さん.JPG

陶芸では昨年2月からお取扱いいただいている和雑貨のお店「置地廣場」さんでの販売枠も更に拡大し、10月と11月には「風海展」を開催していただきました。

 

様々な人との出会い、つながりがこの風海を支えてくれたものと思っています。

 

来年も季節の食材を使ったお料理、丹念に淹れた香り高い自家焙煎珈琲、そして手に取ってくれた人が喜んでもらえるような器をご用意してお待ちしています。

 

この1年ありがとうございました。

そして、また来年もよろしくお願いいたします。

寿

お店のお客様が今月末に入籍することが決まりましたhappy01

そこで、夫婦茶碗を作って贈ることにしました。

121227夫婦茶碗.JPG

今日、銀彩の焼付け焼成が終わって窯から出してきました。

若い人に贈るものにしてはチョット渋いかなぁ〜とは思いましたが、年をとっても仲良くという意味合いも込めてこんな感じに仕上げました。

 

年末に風海のお客様と忘年会をする予定なのでその時に手渡す予定です。

 

末永くお幸せに。

めでたい。めでたい。

12月の「うたごえ風海」

今年最後の「うたごえ風海」を12月23日(日)に開催しましたnote

121225うたごえ.JPG

まずは恒例となった手話をまじえた「手のひらを太陽に」で体をほぐし、その後は参加者の皆さんのリクエストに応えていきます。

 

121225うたごえ2.JPG

今回は年末の忙しい時期と重なったためか、参加者はいつもよりは若干少なめでした。

それでも皆さん元気に楽しく歌っていました。

クリスマス直前ということでクリスマスソングのリクエストが多かったようです。

 

今年もたくさんの曲が歌われ、それと同時にたくさんの笑顔が生まれました。

また来年もたくさんの笑顔に出会えますように。

 

新年1回目の開催は・・・。

2013年1月27日(日)14:00〜

となります。

 

まだまだ寒さ厳しい時期。

風海でみんなで歌って身も心もホッコリしてみませんか?

ご参加をお待ちしています。

ランチタイム ライブ!! in 風海

121215二人.JPG

秦野市在住のギタリスト「井口克彦」さんと小田原市在住のハーモニカ奏者「広瀬哲哉」さんのジョイントライブを12月15日(日)に開催しましたnotes

 

121215井口克彦さん1.JPG

ギター&ヴォーカル担当の井口克彦さん。

14歳で独学でギターを学び、15歳の時には既にバンド活動を開始していたそうです。

 

121215広瀬哲哉さん1.JPG

ブルースハーモニカ担当の広瀬哲哉さん。

広瀬さんも14歳で独学でハーモニカを始め、ライブハウスでの演奏活動をスタートさせていたそうです。

 

そんな二人のジョイントライブ。

ビートルズ、ブルース、カントリー、ロックなど名曲の数々を熱演してくれました。

 

121215広瀬哲哉さん2.JPG

途中、ブルースハーモニカとは何ぞや?

と、広瀬さんが丁寧に説明をしてくれました。

県内各所で子供向けにハーモニカ教室も開催しているそうですが、今の子達は音は知っていても現物を見たことが無いことが多いらしく、ハーモニカを縦笛のようにくわえてしまう子もいるとか。

インターネットでの楽曲のダウンロードが普及して、実際にCDを購入してジャケットを見る機会が減ってしまったのが原因ではないかとお話していました。

 

121215井口克彦さん2.JPG

曲の合間合間の井口さんの軽妙なおしゃべりも観客と演奏者の間を縮めて、より親近感をもってみんなで盛り上げていこうという気にさせるものでした。

 

そして、あっという間に時は過ぎ・・・。

大盛況のうちにライブは終わったのでした。

 

今年も朗読会や様々なライブを開催しましたが、生の演奏・歌声は何度聞いても良いものでしたhappy01

 

今後のお二人の活動情報はそれぞれのブログをご覧くださいeye

・井口克彦さんブログ:http://igucchi.exblog.jp/ 

・広瀬哲哉さんブログ:http://profile.ameba.jp/pogio1/

 

また機会があったら、ぜひ開催してもらいたいです。

マイナス

121212温度計.JPG

窯の温度計。

素焼きのためにスイッチを入れたらマイナスをさしていました。

???

窯の温度を測るのになぜマイナスまで測れる必要があるのか疑問もありますが、これから立春をすぎるあたりまで、時々こんな表示をすることがあります。

 

121212霜柱.JPG

地面には霜柱。

ひさびさにニョキっと立った霜柱を見ました。

わざと足跡を残すようにふんずけて見たりしてsmile

 

釉薬が入ったバケツにも氷が張るほど冷え込みましたが、天気も良く夕方にはきれいな夕焼けを見ることができた、そんな窯焚きでした。

「秋山里奈」選手 講演会

12月9日(日)。

今年、ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した、地元伊勢原出身のスイマー「秋山里奈」さんの講演会を開催しました。

 

里奈さんは2004年アテネ大会で16歳で銀メダルを獲得、しかし2008年北京大会では得意種目が廃止され、苦手種目で挑戦しましたが表彰台には及びませんでした。

そして今年、ロンドン大会で念願の金メダルを獲得した胸中を語ってくれました。

121211秋山里奈さん1.JPG

まずはテレビ出演したVTRを見てもらい、その後、里奈さんにお話をしてもらいました。

なんとしても今大会で表彰台の真ん中に立ちたかったという思いから、獲得にいたるまでの努力、そして、実際にメダルを手に出来たときの気持ちなどを話してくれました。

 

その後は参加者の皆さんと交流タイム。

121211秋山里奈さん2.JPG

競技に関する質問からプライベートな内容まで様々な質問が参加者から飛んできます。

1日どれくらい練習に費やすのか?、周りからの声援は聞こえるのか?、現地での食事はどうだったか?、恋愛は?、などなどなど。

少し答えにくい内容かな〜という質問でも笑顔で答えてくれました。

 

121211金メダル.JPG

金メダル。

持たせてもらいましたが、ズッシリと重く、これが世界一の重みかぁ、と感じました。

 

里奈さんは現在、明治大学の大学院で法科に在席し、卒業論文の作成中だそうです。

就職も決まったとのことです。

 

「自分に負けない」

調子が悪くても練習の手を抜くことなく、努力を積み重ねてきた結果だと思います。

 

1時間半という短い時間ではありましたが、「世界一」のお話を聞けて非常に有意義な時間でしたhappy01

 

 

 

最近

高さ10センチくらいの小さめな花器を良く作ります。

121201花器1.JPG

白マット釉の上に鉄分を多く含んだ黒釉をかけたもの。

お互いの釉薬が反応してところどころ濃い緑色に発色して、なかなか面白い色になりました。

 

121201花器3.JPG

赤土で本体を作り、表面に長石、カオリン、石灰を主体にして焼きタルクなどで味付けした化粧泥を塗っています。

化粧泥の実験をしていて偶然この色を発見できました。

刷毛で塗ると厚いところと薄いところで焼きあがりに変化が出て、こちらも面白い表情になります。

 

121201花器2.JPG

2種類の幅のテープを貼って、黒化粧泥でお化粧を。

 

121201花器4.JPG

こちらは1ミリ幅のテープを貼って、波のような模様をつけてみました。

 

121201黒銀彩花器.JPG

フリーカップや飯碗でよく使う技法の「黒銀彩」の花器。

 

小さな花器なので本当に1輪か2輪くらいしか活けることは出来ませんが、手にしてくれるお客様が多いですhappy01

中にはコレクションとして並べて見ているだけの人もいるとか。

 

今度は実際に花を生けているところを撮ってみようと思いますcamera

師走

早いもので今年も残り1ヶ月を切りました。

冬らしく冷え込む日が続き、自宅周辺の山の木々も赤や黄色に色づいています。

定休日を利用して春は桜の名所、この時期はモミジの名所となる「弘法山」と「権現山」へ行ってきました。

121204落ち葉.JPG

弘法山へは自宅から歩いて40分程度。

ちょうど良いハイキングコースです。

121204もみじ.JPG

弘法山から権現山へと続く道には桜が植わっていて、その間にモミジも植わっています。

121204もみじ2.JPG

当日はあいにくの曇り空でしたが、モミジが赤く色づいていました。

121204もみじ3.JPG

平日だったので人も少なく、のんびりと散策できました。

121204もみじ4.JPG

モミジの他にはイチョウも黄色く。

121204銀杏.JPG

イチョウのじゅうたん。

121204銀杏じゅうたん.JPG

 

権現山山頂からは雲の合間に富士山が見えました。

121204富士山.JPG

そして、反対方向には江ノ島も。

121204江ノ島.JPG

弘法山山頂にはイチョウの大木があります。

121204銀杏大木.JPG

子どもの頃にはギンナンを拾いに来た記憶があります。

 

天気がいまいちだったけど、きれいに色づいた木々を見ることが出来てひさびさに自然を満喫することが出来ました。

 

天気の良い日にもう一度行ってみようかなぁ、と思ったりして。