風海 トップページ>スタッフブログ>2013年1月

2013年1月

中学生弁当日記 その7

毎週火・木曜日に近所の中学生に作っているお弁当。

130131中学生弁当.JPG

最近?結構前から....?塩麹、醤油麹が流行っています。

なので、今宵の、メインを大根と人参の塩麹漬けと鮭のほぐし身の混ぜご飯にしてみました。


この塩麹漬けは、コバヤシ コウジ(マスター兼父)が作りました。

コウジが漬けた麹漬け...。


さて、出し巻き卵、ひじきと大豆の五目煮、ポテトサラダ、春雨と彩り野菜のオイスターソース炒め、トマトソースのマカロニグラタンです。


本日は、中学生本人がお弁当を取りに来てくれました。
ねぇ ねぇ、知ってる?麹ってお肌スベスベになるんだょ....って、ニキビもないツルンツルンのお肌なんです。中学生くんは!
シャワーの水とかはじくんだろうなぁ。いいなぁ。ええなぁ。
 

板長 珠己より。

マグカップ

昨年10月に「置地廣場イオン秦野店」さんで開催していただいた「風海展」。

その時に出品したマグカップを定番で取り扱っていただくことが決まりましたhappy01

その仕上げ作業が終わりました。

130130線紋マグ.JPG

「線紋マグ」

130130面取りマグ.JPG

「面取りマグ」

 

今回新規に取り扱ってもらうのはこの2種類です。

まだ乾燥段階なのでこれから表情はかなり変わります。

今週、金曜日に「素焼き」をして釉薬をかけて「本焼き」をして完成になります。

よい焼き上がりになりますように。

中学生弁当日記 その6

130129中学生弁当.JPG

今宵のメインは、鰯と鯵のつみれ煮、小松菜と油揚げの煮浸し、ポテトサラダ、春雨と彩り野菜のオイスターソース炒め、ひじきご飯 です。


昨日は、定休日でした。

お客様からのお誘いで厚木にある「薫風(くんぷう)」に行ってまいりました。

河豚のコースにあん肝魴鮄の刺身...と白ワインをあびてきました。
 

OLをやっていたころ、金曜日になると上司にビッタリくっついて、美味しい食事とお酒をご馳走になってました。

その上司が、「小林を連れていくと、おごり負けしちゃう。」なんて、新語を作っちゃうほどだったので、昨日は抑え気味で...と思っていたのですが、ダメでした。


お陰様で、二日酔いです。

お弁当も休みたかったけど、可愛い中学生くんが待ってると思うと...お弁当投稿がアッサリ気味でごめんちゃい。
愛情は、たっぷり入ってまぁ〜す。

 

板長 珠己より。

1月の「うたごえ風海」

今年初の「うたごえ風海」を1月27日(日)に開催しましたnote

130129うたごえ風海.JPG

伴奏はキーボード、ギター、アコーディオン、オカリナと勢ぞろい。

参加者も20名ほどと大賑わいでした。

 

まずは恒例となった「くねくね体操」や「手話」で体をほぐし、その後はリクエストに応えて進めていきました。

 

外はまだまだ寒い日が続いていますが、皆で笑顔で歌って、身も心も温まりました。

 

次回は2月24日(日)14:00〜の開催となります。

その頃には立春もすぎて、少しずつ暖かくなってきているものと思います。

開催日が近づいてきたら、またこのホームページでお知らせします。

 

黒銀彩の器たち

先日、銀彩の焼付け焼成を行った窯から作品を取り出してきました。

130126黒銀彩.JPG

形作ってから、乾燥、素焼き(800℃)、本焼き(1250℃)、上絵焼成(800℃)と様々な試練を乗り越えてきた「つわもの」?達です。

 

当店、または和雑貨のお店「置地廣場」さんで販売しています。

 

・置地廣場HP

 http://www.suzukiya-inc.jp/tenpo/tenpo.html#okichi

・置地廣場facebook

 https://www.facebook.com/okichihiroba

中学生弁当日記 その5

130124中学生弁当.JPG

昨日、陶芸教室の生徒さんのご実家から沢山の新鮮なお野菜をいただきました。

ありがとうございます。
なので、今宵のお弁当はそのお野菜達を使い作ってみました。


メインは、チキンロールです。

塩麹に漬けた鶏肉で、ピーマンと人参の細切りを巻き刻み海苔でコーティングして、ラップで包んでレンジでチンっ!の豪華そうに見える手抜き料理です。
パプリカの肉詰めオーブン焼き...オーブンでは、焼いてません。トースターです。
... 小松菜と油揚げの煮浸し、ポテトサラダ、薩摩揚げと切り干し大根の炒め煮、もやしのナムル、明太子のおにぎり です。
 

上記にもありますが、お料理の名前って難しいけど考えるのは楽しいです。

あまし、本を読まない...?読めない...自分は、苦労はしますけど。
 

何々のオーブン焼きみたいに、実際はトースターで焼いていてもオーブンだと箔が付くみたいな....。

お店のオーブンで焼いていたら、今頃炭がお弁当に入っているところだったょ。
良かったね。中学生くん!

 

板長 珠己より

新鮮お野菜お料理

昨日、陶芸教室の生徒さんのご実家から送られてきたお野菜の一部を当店の「板長 珠己」さんに料理してもらいました。

130124パプリカ肉詰めオーブン焼き.JPG

パプリカの肉詰めオーブン焼き。

瑠璃のお皿にのせて。

 

130124小松菜と油揚げの煮びたし.JPG

小松菜と油揚げの煮びたし。

器は「面取り船形鉢」。

置地廣場イオン秦野店さんでもお取扱いいただいています。

 

素材が良かったので、ちょっと手を加えるだけで美味しそうなお料理に変身しましたhappy01

さて、次は何を作ってもらおう。

新鮮お野菜再び

届きましたhappy01

130123新鮮お野菜.JPG

前回と同じく、陶芸教室の生徒さんのご実家(高知)より。

 

箱を開けると新鮮な野菜たちと「芋けんぴ」が一袋飛び出してきました!

ありがとうございます。

 

さて、今回もどう美味しく料理してあげようかなぁ。

板長 珠己さん。

よろしく〜。

初春の日曜朗読会 その22

1月20日(日)。

今年初となる「日糧朗読会」を開催しました。

いつものように朗読グループ「手鞠」より中尾陽子さんが来店して朗読してくれました。

今回、相棒の藤本さんは用事があってお休み。

中尾さんお一人による朗読となりました。

 

1作目は・・・。

130120日曜朗読会.JPG

佐野洋子作・絵 「100万回生きたねこ」です。

日曜朗読会初のスライド上映となりました。

 

主人公の猫はある時は王様の猫、ある時は船乗りの猫、またある時は・・・と100万回生まれ変わっては様々な飼い主のもとで死んでいく。

100万人の飼い主は猫の死を悲しんだが、猫自身は悲しまなかった。

猫自身は飼い主のことが嫌いだった。

そしてある時、猫は誰の飼い猫でもない「野良猫」になっていた。

100万回生きた猫に周囲のメス猫は仲良くなろうと寄って来る。

しかし、そんな主人公の猫に興味を示さない白いメス猫がいた。

そのメス猫の気を引こうとするうちに、しだいに主人公の猫はこのメス猫と一緒にいたいと思うようになる。

そしてプロポーズ。子どももたくさん生まれ、しだいに白猫は年老い、ついにそばで動かなくなった。

そこで初めて猫は悲しみを知り、100万回泣き続けた。

そして猫も白猫のそばで動かなくなった。

 

100万回生きては死んでいく。

そして最後に白猫のそばで動かなくなる。

主人公が死んでしまったのに最後「良かった」と思える作品。

子どもよりも大人からの支持を得ているとの評価も見られる「絵本の名作」です。

 

 2作目。

色川武大作 「善人ハム」。

肉屋の「善さん」は戦時中に中国に渡り、その活躍により勲章をもらってくる町内の人気者だった。

戦後、善さんは肉屋をするわけでもなく無為の日々を送っていた。

そんなある日、仲間内で呑んでいる時、勲章をもらったがために、兵隊ではなく一般人を殺してしまったことを告白する。

殺してしまった瞬間に「自分はもう何もできないなって」思ってしまう。

何年かたって臓物屋を初め、また何年かたって50を超えて子持ちの女性と結婚する。

この歳になってようやく自分の気持ちに折り合いをつけてきた善さん。

また何年かたって、麻雀で負けたときに飲んだ自棄酒で急性アルコール中毒になってしまう。

死んでしまうと思った奥さんは善さんに

「ひと足お先に向こうへ行ってくださいね。あたしもまもなくまいります。それで、向こうでまた二人で暮らしましょうね」

と言う。

ところが3日臥せった善さんはケロリと回復してしまう。

こんなお話。

 

戦争で負った心の傷はなかなか癒えない。

当事者もそうだけれども家族も。

最近テロで多くの人命が失われました。

この事件のこともあわせていろいろ考えさせられた作品でした。

 

3作目は瑞木加奈作「雪写し」。

若き能楽師「隆道」と老練の能面師「宗司」が能楽の扇へと誘い迫る。

秀吉命名の三面「雪」「月」「花」のうち後世に伝わる「雪」の写しは新春能で果たして披露されるのか。

終章は幻想の世界。

 

今回は前述の通り中尾さん一人での朗読でした。

しかし、途中で疲れを見せることなく最後まで素晴らしい朗読をしてくれました。

次回は4月21日(日)の開催予定です。

さて、次回はどんな世界にわれわれを引き込んでくれるのでしょうか。

楽しみです。

詳細が決まりましたら、またこのホームページでお知らせします。

中学生弁当日記 その4

毎週火・木曜日にご近所の中学生のために作っているお弁当。

今宵のメインは・・・。

130122中学生弁当.JPG

寿雀卵(伊勢原で有名な卵)を使った親子丼sign01
青菜とジャコの塩昆布炒め、ポテトサラダ、切り干し大根の炒め煮、ドンコ椎茸と肉団子の煮物です。
facebookに投稿するからって、かなり豪華なお弁当になってます?
いえ いえ写真の撮り方です。

先日、指摘を受けたので写真を見返してみると、自分撮りの方は、笑えるくらい不味そうでした。
気持ちは、同じなのにぃー!

 

板長 珠己より。