風海 トップページ>スタッフブログ>2015年11月

2015年11月

晩秋の日曜朗読会 ーその30ー

20151122日曜朗読会.jpg今回で30回目をむかえた「日曜朗読会」開催しました(^.^)

いつものように伊勢原で活動する「朗読グループ手毬」より、藤本桂子さん、中尾陽子さんのお2人が来て朗読をしてくれました。

演目は・・・

・「笹鳴き」 杉本苑子作

・「十二月八日」 太宰治作

選書テーマは「母性・・・無償の愛」

でした。

 

まずは藤本さん朗読で「笹鳴き」を

20151122藤本さん.JPGもうすぐ餓死してゆく老婆の回想が、そこを通りかかった旅人に語りかける形で書かれています。

 

小休憩をはさんで中尾さんの朗読で「十二月八日」を

20151122中尾さん.JPG太平洋戦争開戦という重大な日を主婦の目線で描いています。

 

「声だけ」という他の一切を省いた方法で、ここまで聞く人に物語の情景を思い浮かべさせる藤本さん、中尾さんの表現力に改めて脱帽しました。

自分も含めてふだん視覚に頼ることが多いのですが、「聞いて想像すること」も時には良いことですね。

 

次回は2016年2月の開催となります。

詳細が決まりましたら、またホームページでお知らせします。

男性デュオコンサート

11月15日(日)。

今回で5回目になり、約1年ぶりの男性デュオコンサート開催しました。

楽生.JPG東京音楽大学卒業の「楽生(Like)」が素晴らしい歌声を聞かせてくれました(^.^)

メンバーのご紹介を・・・

バリトン鈴木さん.JPGバリトンの鈴木健之さん。

お腹の底まで響くような、そんな歌声でした。

テノール大浦さん.JPGテノールの大浦さん。

体格的にバリトン?と思う方もいらっしゃるかと思いますがテノールです。

高音までよく伸びるう歌声を聞かせてくれました。

アコーディオン重藤さん.JPGアコーディオンの重藤敦嗣さん。

軽快な演奏で会場を盛り上げてくれました。

演奏の合間のお話ではアコーディオンのルーツは中国の「笙」だとか。

あの形からは想像できませんが、ヨーロッパに渡るとこのような形になるのですね。

キーボード岸部さん.JPGキーボードの岸部さん。

キーボードには音色を変える機能があるのですが、曲に合わせて様々な音色で演奏してくれました。

 

ヨーロッパの曲(トロイカ、グリーンスリーブス、帰れソレントへ、野ばら、など)

歌謡曲(青い山脈、翼を下さい、真白き富士の嶺、など)

クラシック(人知れぬ涙、闘牛士の歌、遠い日の歌、など)

 

それぞれのジャンルの曲を鈴木さん、大浦さんの素晴らしい歌声と、重藤さん、岸部さんの息の合った伴奏で披露してくれました。

曲の合間のお話も楽しく会場は時として笑いに包まれ、約2時間のコンサートの時間はあっという間にすぎてしまいました!(^^)!

 

来年の5月にも開催が決まりました。

近くなりましたら、またホームページでお知らせします。

生の歌声は聞く価値アリです。

ぜひ参加してみてください。

ちょい呑み2日目

2015114ちょい呑み1.jpg2015114ちょい呑みJPG17時から『伊勢原ちょい呑みフェスティバル』2日目始ります!(^^)!

昨日は開始直後からお客様が絶えることなく来てくれ、忙しかったですが楽しく充実した時間をすごせました。

本日もおつまみ3種類をご用意(以下の中から1品お選びください)

・塩モツ煮込み

・3種のカナッペのせ

・秋刀魚の南蛮漬け

ドリンクも各種取り揃えています。

当日券(¥2800)もまだ少しですがございます。

皆様のお越しをお待ちしています(^.^)