風海 トップページ>スタッフブログ>イベント>開店10周年♪
イベント

開店10周年♪

2007年に陶芸もできるカフェ&居酒屋としてオープンした風海もおかげさまで7月3日で満10歳を迎えることができました!(^^)!

これもひとえに皆様のご贔屓、ご支援の賜物と感謝しています。

ありがとうございます。

7月1日、2日と風海10周年祭を開催しました。

両日ともにたくさんのお客様でにぎわい、忙しかったですがとても楽しいひと時をすごせました。

20177店舗前.JPG

毎年10月に開催される道潅祭りの時と同じように、いつもは閉じられている陶芸工房側の扉も開放しました。

2017710周年JPG

分かりやすいよう開店10周年の看板も作ってみました。

20177店舗内より.JPG

店舗内から外側を・・・

明るい光が差し込みます。

1日、2日とも曇りでしたが心配した雨もパラリと降っただけで良かった(^.^)

20177出店.JPG

店舗前ではお客様がボランティアで焼き鳥を焼いてくださいました。

暑い中、2日間続けて・・・ありがとうございました<(_ _)>

その他には、牛スジ煮込み、きゅうり1本漬け、板長タマキの特製伊勢タマ餃子、妻有そばをお祭り特別メニューとして提供しました。

アルコール類はサワー以外はすべてワンコインで提供しました。

20177お花.JPG

当日はお花もたくさんいただいてしまいました。

写真のお花以外にも胡蝶蘭や鉢植えもいただきました。

ありがとうございました。

20177レラ.JPG

「風海」という屋号は昔飼っていたゴールデンレトリバーの女の子「レラ」に因みます。

「レラ」とはアイヌ語で「風」の意味で、お店を始めるにあたってこの子を名前を入れてたいね、ということで親戚の子と考えたものです。

そんな風海も10年たちました。

風海マスター小林功治・奈保子ペアがカフェを、板長タマキこと小林珠己が居酒屋を、そして京都の専門学校で陶芸を学んで卒業して間もない小林謙介が陶器作成&教室をという他では見られない(と思われる)営業形態で開店しました。

はじめは右も左もわからず家族間での衝突など日常茶飯事。

でも、冒頭にも書きましたがお店を利用してくれるお客様のおかげでいろいろな繋がりができ、そしてそれが広がって今の風海ができあがりました。

通常の営業以外にも「日曜朗読会」「うたごえ風海」「デュオコンサート」などのイベント、月毎に催し物の変わる店舗内ギャラリースペースでの展示、お店を飛び出して「大山登山マラソン」「サマーフェスタ」「まが玉祭」などの屋外でのイベントなども行ってきました。

どれも人と人のつながりで紹介されたりして実現できたものです。

開店前にどんなお店にしたいか家族で考えた「お客様の憩いの場となるのはもちろん、情報発信の場としても活用してもらいたい」というコンセプトは10年を振り返ってみてほぼ実現できているのかな、と思っています。

 

11年目に入りました。

スタッフ一同皆様とともにより一層歩めますよう、カフェ・居酒屋・陶芸それぞれがより発展できるよう、日々仕事に励んでいきます。

今後ともどうぞよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fu-mi0703.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/520

コメントする