風海 トップページ>スタッフブログ

スタッフブログ

明日開催!!

20152餅つき大会.jpegいよいよ風海もちつき大会明日開催です!!

お天気の方がイマイチのようですが、それを吹き飛ばすようにみんなでペッタンコペッタンコ。

お越しいただいた方には振る舞いもち(無料)もしますので、ぜひお越しください。

 

また、こちらは有料になりますが風海マスターの出身地、新潟の郷土料理「のっぺい汁」やぜんざい、そしてアルコール類も提供しますのでこちらの方もお楽しみに!

●日時:3/1(日)大安吉日 10:00より正午すぎ、おもちが無くなるまで・・・

 

皆さまのお越しをお待ちしています!!

春ですね

今日は立春。

外はまだまだ寒く雪の予報もありますが、暦の上では春になりました。

 

一足先に春を先取り。

二宮町の吾妻山では菜の花が咲き誇っていました。

20152菜の花1.JPG20152菜の花2.JPG20152菜の花6.JPG太陽の光を浴びてキラキラと輝いていました。

20152菜の花3.JPG20152菜の花4.JPG20152菜の花5.JPG20152梅7.JPG20152チャミ.JPG吾妻山では有名な「チャミ」さんという名のにゃんこにも会えました。

よく散歩で吾妻山まで登ってくるそうです。

そのあとは近くにある徳富蘇峰記念館の梅園へ。

20152梅1.JPG20152梅2.JPG20152梅3.JPG梅の方はようやく咲き始めたという感じでまだまだでした。

曽我の梅林の梅もこれからかな、という感じでした。

20152梅4JPG201524梅5.JPG20152梅6.JPGそれでも、青空と梅の花弁の白さとの対比はきれいでした。

ぽかぽか日光で春を満喫できました(^.^)

仕事納め

20141228173138.png早いもので今年の営業は今日が最後。

毎年思うのですが、あっという間の1年だったような気がします。

カフェ・居酒屋部門では常連・新規も含め、たくさんのお客様が来店され、自家焙煎珈琲やお酒を、それと一緒に手作りケーキや地元伊勢原の食材をふんだんに使った酒菜を楽しんでいきました。

cafebeer

陶芸部門では担当の小林謙介の初個展を東京南青山の「GALLERY敬」さんで開催し、たくさんの方々に足を運んでいただきました。

通常の陶芸教室はもちろんのこと、今年はご近所の老人ホームでの出張陶芸指導も定期的に行ってきました。

happy01

ギャラリースペースでは今年も月替わりでたくさんの方々の個性あふれる作品を展示して目を楽しませてくれました。

art

この他にも定期的に「うたごえ風海」、朗読とオカリナのコラボイベント「朗読とオカリナのおもちゃ箱」、季節ごとに開催の「日曜朗読会」、そして音大声楽科卒業の男性デュオユニット「Like」によるデュオコンサートなどなど、様々なイベントを開催し、たくさんの方に楽しんでいただきました。

note

店舗以外でも「いせはら樂市楽座」主催のイベントや商工会主催のイベントなどにも参加しました。

happy02

こうやって振り返ると今年もいろいろな出会いや思い出があったなぁ、と思います。

このつながりを糧に来年も丹念に焙煎した香り高い自家焙煎珈琲、厳選されたお酒、地元食材が躍るお料理、そして思わず手に取りたくたるような器をご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

今年一年たいへんお世話になりました。

ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

おかずだけ弁当日記 その25

20141219おかずだけ弁当.JPG20141219おかずだけ弁当.JPG

12月18日 晴れ(≧∇≦)
おかずだけお弁当の投稿が、日付けが変わってしまいました。(-_-)
昨日は、お昼過ぎに知人のお見舞いに行ってまいりました。以前、投稿させていただいた 母のような 姉のような 親友のような 彼女が、転院して初めての面会でございました。(≧∇≦)
病室に着くと、彼女はお昼寝の真っ最中で、やることがなかった私は、窓から見える大山が凛々しくて見惚れていました。10分程...。
誰とも会話ができなかったので、持っていった大学ノートに、ラブレターを眠っている人宛てに書いていました。
イラストを描くのに集中していたら、
「あぁぁ〜。」
と呼ぶ声が‼️起きました。(≧∇≦)
転院したところでは、リハビリが始まっているらしく、多くの言葉を聴き取ることができました。
やはし、私の大好きな人は頑張り屋さんです❗️
そんな、彼女に感化され とてもいい影響を受けています。
お互い...ねぇっ❗️*\(^o^)/*

さて、お品書き紹介でございます。
里芋の胡麻味噌がけ 大根菜とジャコの生ふりかけ 赤大根のさっぱり浅漬け レバにらなのかにらレバなのか...メカジキのオレンジソース煮 煮豆 ポテトサラダ 人参とツナのサラダ でございます。m(_ _)m
別容器に銀だらの香味野菜煮でございます。
大根 にんにく 生姜のすりおろしを、醤油 酒 味醂で煮ます。
最後に胡麻油ん人垂らし...ちゃう ちゃう\(//∇//)\一垂らししましょ。
あっ、すんません。ナントカmessengerっていうスパムメールを送ってしまったらしいので、無視してください。
ゴーヤチャンプルーに入っているスパムは好きなのだけども...。
お休みなさい。

板長 珠己より。

おかずだけ弁当日記 その24

20141216おかずだけ弁当2.JPG20141216おかずだけ弁当.JPG12月16日 雨 冷たい雨...(°_°)
夜中には、雪に変わるかもな寒さでございます。(´・_・`)

雨にも関わらず、ランチ時にはお客様でいっぱいだった風海でございます。m(_ _)m
昼間が混むと夜は、大きな鳥を飼い慣らしてしまう...いわゆる、閑古鳥...。上手く?昼と夜で何とか営業できております。(-_-)
しみったれてまいりましたので、元気よくお弁当紹介をしましょい❗️

12月のうたごえ風海

201412うたごえ.JPG今年から偶数月(2,4,6,8,10,12)の開催となった「うたごえ風海」。

今年最後の歌声を14日(日)に開催しました♪

師走ということもあり、皆さんお忙しいのか参加人数は少なめでしたが、いつもと同じように元気に歌いました。

 

まずは体をほぐす目的も含めて手話を交えて「花は咲く」を。

そしてもうすぐクリスマス。

続いて「きよしこの夜」と「ジングルベル」を歌いました。

 

この後はいつものように参加者の方々からのリクエストにお応えして進行していきました。

 

休憩時間には参加者の中からハーモニカの演奏をしてくれた方もいて、いつもと違ううたごえとなりました。

 

来年も偶数月の開催となります。

 

次回は2015年2月22日(日) 14:00~の開催となります。

 

開催が近くなりましたらまたこのホームページでお知らせします。

ご興味のある方、ぜひご参加ください。

おかずだけ弁当日記 その23

20141212おかずだけ弁当1.JPG20141212おかずだけ弁当.JPG12月11日 雨のち曇り。
今宵のおかずだけお弁当は。
串なし焼き鳥、カリフラワーと塩豚のマリネ、ほうれん草とジャコの和え物、里芋の胡麻味噌和え、人参とツナのサラダ、大根と柿のサラダ、ポテトサラダ、別容器に、揚げ出し大根、海老あんかけでございます。
m(_ _)m

明日の...今日の宴会の下ごしらえを昨夜はしていました。
秋刀魚30匹を捌きながら、レロレロのお客様をさばきながらの営業でございました。

「たまらん、聞いれるのぉ〜?」(多分、たまちゃん聞いてるの?)
「モチロング、聞いてますよ。(笑)」(はい、聞いてません。秋刀魚に夢中ですので。)
カウンターの下で、タイムを計ってみました。
一匹捌くのに、最短タイム‼️
10.22秒でした。(≧∇≦)

板長 珠己より

おかずだけ弁当日記 その22

2014129おかずだけ弁当.JPG

2014129おかずだけ弁当2.JPG12月9日 晴れ。(≧∇≦)
今宵は、お弁当箱の入りが遅かったので こちらへの盛り付けになりました。×3でございます。m(_ _)m
「大豆たんぱく」バーグ えのき茸豆乳ソースを作ってみました。(≧∇≦)一切お肉を使っていません。
ダイエッターには、もってこいな食材でございます。
はい、頑張ります。( ̄^ ̄)ゞ

牛肉と白滝の金平「ウチの旦那、タマキが作るカリフラワーの料理は食べる。」と5年位言われ続けてる...カリフラワーと豚バラの塩胡椒炒め、ポテトサラダ、海老入り韮玉、お歳暮で頂いた鎌倉ハムの柚子胡椒和え。m(_ _)m
別容器に、茄子フライタルタルソース添えでございます。m(_ _)m

日曜朗読会アロンアルファ事件から、定休日という除光液により、上瞼と下瞼がようやく剥がれ、月曜日は朝からフル活動でした。*\(^o^)/*
野暮用ではない用事で、マスター兼父とママさんとで横浜へお出掛けしてまいりました。
12時少し前に目的地に着いたと思ったら、ママさんがお腹が空いて機嫌が悪く、早々にランチを済ませて、「折角 横浜に来たのだから 歩こうよ。」と提案してみましたが、「足が痛い、もう歩けない。」とママさん。
仏の顔も三度まで...あ、まだ二度でしたので、般若みたいな顔にはなっていましたが、般若が口走るであろう「一人で帰れよっ!」は、グッと飲み込んでおきました。*\(^o^)/*

横浜って、古いモノと新しいモノとが混在していて、上手く双方が馴染んでいる。そんな印象を持ち帰れました。
お天気が良くて、テンション上がりっぱなしな1日でございました。(≧∇≦)

板長 珠己より。

冬陽の日曜朗読会

201412918517.jpg12月7日(日)。

風海開店以来から続いているイベント「日曜朗読会」開催しましたhappy01

今回も伊勢原市内で活動する「朗読グループ・手毬」から中尾陽子さん、藤本桂子さんが来てくれ、素晴らしい朗読を聞かせてくれました。

 

まずは藤本さん朗読による「キャベツくん」長新太 文・絵

20141207日曜朗読会.JPG前回(7月20日開催)と同じようにプロジェクターを使ってスクリーンに映し出して朗読を行いました。

20141207藤本さん.JPGキャベツくんが歩いてくると、ブタヤマさんに会いました。
ブタヤマさんは、
「あのね、おなかがすいてフラフラなんだ。キャベツ、おまえをたべる!」
そう言ってキャベツくんを捕まえます。
「ぼくをたべるとキャベツになるよ!」
「ブキャッ!」
空を見ると、鼻がキャベツになっているブタヤマさんが浮かんでいます。
「じゃあ、ヘビがきみをたべたら、どうなるんだ?」
キャベツくんとブタヤマさんの珍妙なやりとりは続きます。

長新太さんらしいシュールな世界が広がります。

 

続いては中尾陽子さん朗読「草枕 十二・十三章」夏目漱石 作

20141207中尾さん.JPG 「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい」

という冒頭部分が有名な作品。

日露戦争の頃、洋画家の主人公が山中の温泉宿に宿泊する。

そこで出会った宿の娘「那美」。

彼女に自分の絵を描いてもらいたいと頼まれていた主人公は、何かが足りないと描かないでいた。

ある日、満州に出征していく従兄弟を見送に行った際に同じく出征する元夫と出会う。

彼を見送る那美の姿を見て主人公はそこに「憐れ」を見て取る。

 

漱石初期の名作です。

今回は長いので全章朗読はできなかったのですが、初めからもう一度読み直してみたくなりました。

 

声だけでここまで物語の世界に引き込んでいく表現力。

素晴らしい朗読でした。

 

次回は来年春開催予定です。

日時、演目が決まりましたら、またこのホームページでお知らせします。

おかずだけ弁当日記 その21

2014124おかずだけ弁当2.JPG2014124おかずだけ弁当.JPG

12月4日 雨...冷たい雨。(-_-)
凍れるますねぇ~今宵は先日 友人から教わった乾物屋さん(町田)で仕入れました「大豆たんぱく」という食材を使ったおかずだけお弁当でございます。m(_ _)m
二枚目の写真の、黒砂糖を塗っていないかりんとうとキクラゲの色が抜け落ちたみたいのが「大豆たんぱく」です。
購入する前に、TVで特集をしていて食べた人の感想が、どうにもこうにも信じられず...TVって怖いわぁ、なんて思っていたのですが、調理をしてみて 急いでTV局に土下座