風海 トップページ>ギャラリー

ギャラリー

根岸芙心 絵画展

201712根岸芙心展.jpg

12月になりました。

早いもので今年も1ヶ月を切りました。

今年最後のギャラリースペースでの展示は根岸芙心さんとそのお弟子さんによる絵画展です。

絵画のジャンルでいうと日本画にあたります。

日本画特有の落ち着いた雰囲気の画風で、通常の絵の他に掛け軸や屏風なども展示させいただいています。

 

何かと忙しい12月。

ちょっと立ち止まって絵画を眺めながらコーヒーブレイクなどいかがでしょうか?

皆様のお越しをお待ちしています。

第4回「百年桜の会 えとせとら展」

201711百年桜の会.jpg

11月になりました。

告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでの展示は今回で4回目となる「百年桜の会 えとせとら展」を開催しています。

写真、絵画、絵本など様々な作品を展示しています(^.^)

 

百年桜の会とは・・・

風海マスターが教職員時代に校長を務めていた、伊勢原市立高部屋小学校の100周年事業に関わったPTA・教職員有志の集まりです。

 

今回もたくさんの方々が協力してくれ、にぎやかな展示となっています。

たとえば、同じ写真にしてもやはりそれぞれ視点が違うので、見ていて面白いです。

 

立冬もすぎ暦の上では冬に突入ですが、昼間はぽかぽかな陽気が続いています。

でも夜になるとぐんと気温が下がり冷え込んできますね。

木々の葉もだんだんと色付きはじめました。

お散歩がてら、ぜひにぎやかな展示をご覧にいらしてください。

温かいお飲物などをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 

会期は2017年11月1日(水)~30日(木)となっています。

石井尚子 水彩画展

201710石井尚子展2.jpg

201710石井尚子展.jpg

10月になりました。

あんなに元気に鳴いていた蝉の声も聞こえなくなり、かわりに秋の虫の音が聞こえてくるようになりました。

暑くも寒くもなくすごしやすい陽気になりました。

そんな爽やかな10月のギャラリースペースでの展示は石井尚子さんの水彩画です。

初個展にあたり石井さんが文章を寄せてくれました。

 このたび、初めての水彩画展を開催させていただくことになりました。

退職後、2014年から教室に通い、少しずつ描いたものです。

○大山の姿が美しく大好きです。いろいろな大山を描きたいと思っています。

○身近な花、草、木、野菜がとても可愛く、愛おしく思えてきました。

○猪苗代のスキー、山中湖のヨットを家族で楽しんでいます。

自己流で、つたない絵ばかりですが、ご覧になっての感想や先輩からのアドバイスをいただければ幸いに存じます。

このような機会をいただいたことは、風海の小林功治オーナーのおかげであります。

ありがとうございます。

2017.10.3

石井尚子

食欲、読書、芸術、スポーツなどなど・・・いろいろな「秋」がありますね。

風海では一度で食欲&芸術の秋を楽しめちゃいます。

芸術作品に触れながらお食事やお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?

秋風に吹かれながらふらりとお立ち寄りください。

お待ちしています。

会期は31日(火)までとなっています。

第7回 風海絵画4人展

20179絵画4人展.jpg

9月になりました。

処暑もすぎ昼間は暑い日もありますが、朝晩はずいぶんとすごしやすくなりました。

そんな今月のギャラリースペースでは「風海絵画4人展」と題して、伊勢原市内で創作活動を行っている4名の方の作品を展示させてもらっています。

風海ではすでに何回も展示をしていただいているおなじみのメンバーで、今回も油絵、水彩画合わせて16点の作品を展示しています。

油絵、水彩画の違い、そして4人それぞれの個性が発揮されて、目を楽しませてくれます(^.^)

 

日が落ちると草むらからは秋の虫の声が・・・

これからはどんどんと秋らしい気候になりお散歩にちょうど良い日が多くなるでしょう。

ぜひ、素敵な作品を見にふらりとお立ち寄りください。

会期は30日(土)までとなっています。

ミニフォトクラブ パートⅣ

20178ミニフォトクラブⅣ.jpg

8月になりました。

暑い毎日ですが、皆様お元気におすごしでしょうか?

今月のギャラリースペースでは「ミニフォトクラブパートⅣ」と題して写真展を開催しています。

「パートⅣ」とあるように今回で4回目の企画展。

2014年の8月に写真好きの皆さんが集まって第1回を開催したのを皮切りに、2015年、2016年、今年と続いてきました。

初めは1回きりの展覧会と考えていたようですが、やはり展示してみんなに見てもらうことになるとやる気が出てくるようで、毎年8月の恒例の展示となったようです。

みなさんそれぞれ、鳥や風景といった得意分野を発揮して撮った写真ばかりで、生き生きと空間を切り取っています。

巷では「真夏日」だとか「猛暑」という言葉がよく聞かれますが、7日は「立秋」です。

徐々に秋らしい気候になっていきますね。

 

とはいってもまだまだ暑い日が続きます。

風海で写真鑑賞しつつ冷たいアイスコーヒーやビールなどを飲みつつ涼んでみてはいかがでしょうか?

会期は31日(木)までと待っています。

皆様のお越しをお待ちしています。

畠中治知 油彩画展 -近作の小品を並べて-

20177畠中治知展.jpg

7月になりました。

告知が遅くなってしまいました(>_<)

今月のギャラリースペースでは「畠中治知 油彩画展」を開催しています。

畠中先生の個展は2010年の初個展から数えて4回目となります。

先生は風海マスター小林功治と同じ教職員として小学校に勤務していました。

退職後は様々な展覧会に出品し、入選や受賞と輝かしい経歴を残しています。

今回も人物画を中心に重厚な趣のある油絵展示させていただいています。

 

そろそろ梅雨明け?

暑い毎日が続いていますが素敵な作品をご覧にぜひ足をお運びください。

冷たいお飲物をご用意してお待ちしています。

菅安恭子 ステンドグラス展 「それぞれの季節」

20176菅安恭子ステンドグラス展.jpg6月になりました。

すでに暑い毎日が続いていますが、いかがおすごしでしょうか?

そんな今月のギャラリースペースではちょっと涼しげなガラス作品、菅安恭子さんのステンドグラス展を開催しています。

菅安さんの展示は2013年の展示以来、今回が2回目。

サブタイトル「それぞれの季節」の通り、季節ごとの情景をかわいらしいステンドグラス作品にして展示をしています。

壁面に飾るタイプと、電球で灯すタイプの2種類用意してくれました。

灯すタイプは日が暮れてくるとこんな感じに・・・

20176ステンドグラス1.JPGやはり光に透かして見ると良いですね(^.^)

20176ステンドグラス2.JPGアップその1

20176ステンドグラス3.JPGアップその2

大きな作品以外にも手に取りやすい小物(販売しています)もありますのでぜひ手に取ってみてみてください。

会期は6月30日(金)までとなっています。

冷たいアイスコーヒーなどをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

第4回 水彩画 4人展

20175水彩画4人展.jpg5月になりました。

告知が遅くなりスミマセン(>_<)

今月のギャラリースペースでは「第4回 水彩画 4人展」と題して、地元伊勢原で創作活動をしている4名の女性作家さんの作品を展示しています。

 

この水彩画展も今回で4回目。

年1回のペースで開催していただいていますが、回を重ねるごとにレベルアップしていくのがよくわかります。

今回も水彩画特有のやわらかいタッチで描かれた風景画、静物画、人物画など14点の作品を展示しています。

描く人の個性も出て目を楽しませてくれます。

 

爽やかな風が吹いてすごしやすい季節になりました。

お散歩がてらぜひお立ち寄りください。

栗山共子 水彩画展

20174栗山共子展.jpg4月になりました。

今月のギャラリースペースでは愛川町在住の栗山共子さんの水彩画展を開催しています。

草花の作品をメインに猫の絵なども展示させていただいています。

栗山共子さんプロフィール

昭和25年6月22日生まれ

出身地 東京都町田市

日本デザインスクール商業デザイン科卒業

以後、テキスタイルデザイナーとしてプリント服地の仕事に20歳から55歳まで携わる。

平成24年頃、愛川町に転居。

日々散歩の途中、道端の野草に魅せられて水彩画を始める。

現在愛川町の絵画同好会「スリーAクラブ」、東京の「ZEN会展」の会員となっている。

桜も咲き始め、中には満開の木もあるようです。

ようやく春らしい風が吹くようになりました。

お散歩がてらぜひお立ち寄りください。

会期は4月30日(日)までとなっています。

皆様のお越しをお待ちしています。

「硯の会」第三回作品展

20173書道展.jpg3月になりました。

今月のギャラリースペースでは「硯の会」の皆さんによる書道展を開催しています。

「基礎基本が大事だよ。」と米山鬼峰(哲夫)先生にご指導を受けつつ

9年余りがたちました。

拙くはありますが、精一杯の作品です。

ご高覧のほどよろしくお願いいたします。

硯の会一同

今回は10名の方の作品を展示しています。

墨の黒い色もそれぞれ濃淡があったり、筆の運びも勢いがあったり、やわらかだったりで個性が出ていて見ている人の目を楽しませてくれます。

月半ばで作品の入れ替えも考えているので、一か月を通していろいろと楽しめる内容となっています。

ちなみに、硯の会の皆さんの師匠、米山鬼峰先生は風海の看板の文字を書いてくれた先生でもあります。

店先と店内に掲げてありますので、ぜひこちらの作品の方もご覧いただけたらと思います。

会期は三月一日(木)~三一日(金)までとなっています。

皆様のお越しをお待ちしています。

風海コレクション展

20172風海コレクション展.jpg2月になりました。

告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでは「風海コレクション展」と題して、過去10年間にわたって風海で展示をしていただいた方の作品を集めて展示をしています。

10年・・・

長いような、あっという間にすぎてしまったような・・・

いろいろな出会いがありました。

毎月いろいろな展示をしてきました。

絵画、写真、版画、立体的なものだとつるし雛やテラコッタを展示させてもらったこともありました。

購入したものもありますが、作家さんによっては記念にと置いて行ってくれた作品もあります。

改めて数えてみたらかなりの数の作品たちが・・・

眠らせておくのはもったいないと、今月はそんな作品たちにご登場いただいております。

作家さんそれぞれの個性が光り、目を楽しませてくれます。

まだまだ寒いですが、立春もすぎしだいに暖かくなってくるでしょう。

ぜひ、お散歩がてらお立ち寄りください。

お待ちしています。

会期は2017年2月1日(水)~28日(火)までとなっています。

 

 

 

 

 

第3回「百年桜の会 えとせとら展」

20171えとせとら展.jpg1月になりました。

今年最初ののギャラリースペースでの展示は今回で3回目となる「百年桜の会 えとせとら展」を開催しています。

写真、絵画、鎌倉彫り、絵本など様々な作品を展示しています(^.^)

 

百年桜の会とは・・・

風海マスターが教職員時代に校長を務めていた、伊勢原市立高部屋小学校の100周年事業に関わったPTA・教職員有志の集まりです。

 

今回もたくさんの方々が協力してくれ、にぎやかな展示となっています。

たとえば、同じ写真にしてもやはりそれぞれ視点が違うので、見ていて面白いです。

 

今日(1月5日)は暦の上では「小寒」。

まだまだ寒い日が続きますが、二宮町の吾妻山では菜の花が見ごろだとか。

梅もそろそろ咲き始めるのかな(^.^)

 

小さな春を探しがてらぜひ足をお運びください。

温かいお飲物などをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 

会期は2017年1月4日(水)~31日(火)となっています。

門倉早由里 個展

201612門倉早由里展.jpg12月になりました。

早いもので2016年も1ヶ月を切りました。

告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでは市内在住の門倉早由里さんの個展を開催しています。

2年前に東京大田区から伊勢原に引っ越してきて、アクセサリー制作と造形教室「アトリエ福猫」を主宰しています。

最近は猫などの立体物を中心にアクセサリーや人形などを制作し、様々な展覧会に出品し、数々の賞を受賞している作家さんです。

 

今年の主な活動実績は・・・

・第29回国際七宝ジュエリー展 「銀粘土賞」

・第21回いせはら市展 工芸の部 「優秀賞」

               絵画彫刻の部 「奨励賞」

・第50回七宝作家協会国際展 「入選」

・日本ジュエリーデザイナー協会(JJDA)

            日本ジュエリー展 「入選」

・第18回厚展 小品展(水彩画) 「入選」

 

そんな門倉さん。

多彩な才能を生かして、今回はジュエリーだけではなく、絵画や、犬猫のオブジェを出品してくれています。

ジュエリーに関しては販売もしていますので、ぜひ手に取ってみていただけたらと思います。

 

師走に入り何かと忙しい時期だとは思いますが、そんな時こそ息抜きにいらしてください。

温かい自家焙煎コーヒーなどをご用意してお待ちしています。

日本遺産登録 大山写真展

201611大山写真展.jpg201611大山写真展2.jpg11月になりました。

今月のギャラリースペースでは「大山写真展」と題した写真展を開催しています。

先日、「大山詣り」が日本遺産認定、「大山阿夫利神社からの眺望」がミシュランガイドジャポンに掲載されたばかりの伊勢原。

その伊勢原の四季の移り変わりや、歴史を感じられる写真を展示しています。

 

写真の提供は大山阿夫利神社の宮司、目黒久仁彦さん。

神社のモミジが緑から紅葉へと色づく様子や、下社からの夜景、そして、宮司という立場から一般の人には撮影できないような行事の写真まで、色とりどりの写真を展示しています。

撮りためた写真もかなりの数になり、一度に展示しきれないため月半ばで入れ替えをします(^.^)

 

大山の木々も色づき始め、紅葉の季節になってきました。

外を歩くのにも良い気候です。

ぜひ、お散歩がてらお立ち寄りください。

素晴らしい写真たちが出迎えてくれます。

 

会期は11月1日(火)~30日(水)となっています。

お待ちしています。

趣味の展示

201610趣味の展示.jpg10月になりました。

告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでは「趣味の展示」と題して、市内在住の髙山徹夫・友子ご夫妻による油絵とパッチワーク作品の展示を行っています。

髙山徹夫さんは過去に絵画グループ展でも出品してくれた方で、今回は奥さんとの共同展示となります。

伊勢原の風景を切り取った風景画や静物画、そして柔らかな色合いのパッチワーク。

それぞれ、作品としては全く異なるものですが、ご夫婦の作品ということもあって、不思議としっくりとおさまっていています。

今年は10月になっても真夏のような日が続き暑かったですが、ようやく秋らしい気候になってくる、の?、かな?

外を歩くのにも良い季節です(^.^)

お散歩がてら、ぜひお立ち寄りください。

会期は30日(日)までとなっています。

風海絵画4人展

20169風海絵画4人展.jpg9月になりました。

処暑もすぎもっとすごしやすくなるかと思いきや、暑い日が続いていますね。

そんな今月のギャラリースペースでは「風海絵画4人展」と題して、伊勢原市内で創作活動を行っている4名の方の作品を展示させてもらっています。

風海ではすでに何回も展示をしていただいているおなじみのメンバーで、今回も油絵、水彩画合わせて14点の作品を展示しています。

油絵、水彩画の違い、そして4人それぞれの個性が発揮されて、目を楽しませてくれます(^.^)

 

まだまだ暑い日が続くの・・・かな?

それでも日が落ちるのも早くなったし、草むらからは秋の虫の声が・・・

これからはどんどんと秋らしい気候になりお散歩にちょうど良い日が多くなるでしょう。

ぜひ、素敵な作品を見にふらりとお立ち寄りください。

会期は30日(金)までとなっています。

ミニフォトクラブ パートⅢ

20168ミニフォトクラブⅢ.jpg8月になりました。

ちょっと遅めに梅雨が明けて毎日暑い日が続いていますが、皆様お元気におすごしでしょうか?

少し告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでは「ミニフォトクラブパートⅢ」と題して写真展を開催しています。

「パートⅢ」とあるように今回で3回目の企画展。

2014年の8月に写真好きの皆さんが集まって第1回を開催したのを皮切りに、2015年、今年と続いてきました。

初めは1回きりの展覧会と考えていたようですが、やはり展示してみんなに見てもらうことになるとやる気が出てくるようで、毎年8月の恒例の展示となったようです。

みなさんそれぞれ、鳥や風景や人物といった得意分野を発揮して撮った写真ばかりで、生き生きと空間を切り取っています。

巷では「真夏日」だとか「猛暑」という言葉がよく聞かれますが、7日は「立秋」です。

徐々に秋らしい気候になっていきますね。

 

とはいってもまだまだ暑い日が続きます。

風海で写真鑑賞しつつ冷たいアイスコーヒーやビールなどを飲みつつ涼んでみてはいかがでしょうか?

会期は31日(木)15:00までと待っています。

皆様のお越しをお待ちしています。

遠藤梨沙 絵画展 「リサ夢の世界PartⅡ」

20167遠藤梨沙展.jpg7月になりました。

早いもので2016年も半分がすぎました。

日に日に暑さを増し、セミも鳴き始め、夏らしい陽気になってきました。

そんな今月のギャラリースペースでは「リサ夢の世界PartⅡ」と題して、遠藤梨沙さんの絵画展を開催しています。

遠藤さんの展示は昨年2月以来2度目になります。

 

遠藤さんは地元伊勢原生まれ。

小中学校とも伊勢原ですごし、現在は講談社KFS(絵本挿絵専攻)に在学し絵画を学んでいます。

絵を学ぶ傍ら、東海大学前駅近くでご両親の経営する居酒屋「一献」でお手伝いもして、料理の腕も磨いています。

実は風海スタッフも良くいくお店です(^.^)

将来の夢は絵本作家。

趣味は何と・・・小柄な体にも関わらず、ハーレーダビッドソンを操ってツーリングだとか。

 

そんな遠藤さんの描く世界は絵本作家を目指していることもあり、一つ一つの作品に物語があり、順を追ってみていくと大きな物語になるような構成になっています。

絵画展というと個々の作品で完結という形が多いのですが、このように複数の作品で物語を表現するという形も興味深く楽しく見ていくことができます。

 

暑くなり外を歩くのが億劫になりがちですが、ちょっと足をのばして若い感性のほとばしる物語の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

冷たいお飲物をご用意してお待ちしています。

会期は31日(日)までとなっています。

辰野貴史 特別展 「輝」 ~だから伊勢原は美しい~

2016辰野貴史展6月になりました。

関東も梅雨入りしたそうで、これから紫陽花のきれいな季節になりますね(^.^)

そんな今月のギャラリースペースでは伊勢原在住のプロカメラマン「辰野貴史」さんの写真展を開催しています。

camera

【カメラマン 辰野貴史 プロフィール】

伊勢原在住のカメラマン。

かつて3年ほどネパールに潜伏。

現地ヒマラヤにてトレッキングガイド、高所カメラマンとして数多くの山々を踏破。

帰国後も山岳カメラマンとして、ヒマラヤ遠征に参加する傍ら「世界の果てまでイッテQ」や「THE世界遺産」など多くのテレビ番組も撮影する。

映像のみならずスチルもこなすマルチカメラマンであり、大学落語研究会出身らしく「オチ」のあるトークと確かな技術で皆様をご案内するオモシロカメラマンでもある。

好きな食べ物は「ゆでたまご」な一児の父。

camera

そんな辰野さんの数々の作品から厳選して、今回は日本遺産に認定された伊勢原の風景、ヒマラヤなどの山岳カメラマンならではの山々の写真、伊勢原出身の舞踊家:五條詠寿郎の写真を展示しています。

さすがプロカメラマン!

素敵な作品ばかりです(^.^)

 

そして辰野さん在廊日である25日(土)にはトークベントも開催します!

 トークイベント「写真のヒミツ ~デジタル時代のウソホント~」

14時スタート 定員20名(要予約)

参加費:¥1000(コーヒーとケーキ付)

じゃんけん大会付き

※ご予約は☎0463-92-7327 または ホームページ右上「WEBからのお問合せ」よりお願いいたします。

 

作家在廊予定

・12日(日)14時~17時

・17日(金)15時~17時

・25日(土)14時~16時 (トークイベント開催)

 

会期は2016年6月4日(土)~30日(木)となっています。

ぜひ足をお運びください(^.^)

 

辰野さんは写真教室も開催しています。

写真撮影に興味のある方、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

詳細は辰野さんのホームページでご確認ください。

http://studiotams.wix.com/home

第3回 水彩画4人展

20165水彩画4人展.jpg5月になりました。

外には爽やかな風が吹きわたり、すごしやすい季節になりました。

そんな今月のギャラリースペースでは「水彩画4人展」と題して、市内で創作活動を行っている作家さんの作品を展示しています。

案内ハガキに使用されている白崎さんの作品のように水彩画はやわらかいタッチの絵になるのが特徴ですね。

静物画から風景画など全部で15点の作品を展示しています。

4人の作家さんの個性が光り、見る人の目を楽しませてくれます(^.^)

 

会期は31日(火)までとなっています。

お散歩にもちょうど良い季節になりました。

ぜひ、素敵な作品に会いにいらしてください。

お待ちしています。

心のままに彩の絵てがみ展

20164絵てがみ展.jpg4月になりました。

春です。

桜が咲いています。

春爛漫です(^.^)

そんな今月のギャラリースペースでは伊勢原市内在住の高裕子さん主催による絵てがみ展を開催しています。

 

ちょっとした草花の絵に一筆添えて・・・。

ふだん友達とのやり取りがSNSやメールで済んでしまう現代、なかなか直筆の手紙でやり取りをする機会はないですね。

展示を見ていると一言一言相手のことを思って文字を書くことの大切さを考えさせられます。

人それぞれに個性があるように、絵や文字にも個性が宿り見ていて飽きません。

 

暖かくなり外出したくなる季節になりました。

これからどんどん春の草花が芽吹いてきます。

ぜひお散歩がてら素敵な展示を観にいらしてください。

香り高い自家焙煎珈琲などをご用意してお待ちしています。

 

会期は4月30日(土)までとなっています。

林喜久雄 水彩画展

20163林喜久雄展.jpg3月になりました。

日に日に春めいてきている今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今月のギャラリースペースでは林喜久雄さんの水彩画を展示しています。

林さんは伊勢原市展などで入選を果たしている作家さんです。

今回はヨーロッパの街並みを描いた作品を14点展示させていただいています。

水彩画なのですが、ヨーロッパの古い石造りの街並みをモチーフにしているせいか、重厚な雰囲気を受ける作品が多くみられます。

個展開催と同時に販売もしています。

すでに林さんのファンの方が3点購入してくれました。

お気に入りの作品が見つかるようでしたらお声がけください。

 

三寒四温で寒くなったり暖かくなったりで気温の変動が激しいですが、本格的な春はすぐそこです(^.^)

ぜひ、お散歩がてら素敵な作品を観にいらしてください。

温かい自家焙煎珈琲などをご用意してお待ちしています。

 

会期は3月31日(木)までとなっています。

服部不二子 水彩画展 心にとめた風景、花を絵に・・・

20162服部展.jpg2月になりました。

今月のギャラリースペースでは地元伊勢原で創作活動をしている服部不二子さんの水彩画を展示しています。

風景と花を題材に11点の作品を展示させてもらっています。

水彩画特有の柔らかで繊細なタッチの作品で見る人の心を和ませてくれます(^.^)

その他に服部さんは書道では師範の腕前をお持ちだそうで、書の作品を2点展示させていただいています。

 

立春もすぎ暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

でも、梅が花を咲かせたとか、河津桜も開花したとか確実に春の足音は近づいてきているようです。

 

寒いですが少し厚着をして、少し歩いて、見ていてホッコリする作品たちに癒されに来てください。

暖かい自家焙煎珈琲をご用意してお待ちしています。

ぜひお越しください。

 

会期は2月28日(日)までです。

松原裕 油彩画展

20161松原裕展.jpg2016年になりました。

今年もギャラリースペースでは月替わりで絵画、写真など様々な作品を展示をしていきます。

そんな今年初めの展示は伊勢原で創作活動をする「松原裕」さんの油彩画の展示をしています。

松原さんは過去に何回か風海でグループ展で展示をしてくれましたが個人での展示は初めてです。

 

伊勢原や秦野の風景、静物画、人物画などを展示しています。

油絵独特の重厚感のある作品たちを観て楽しんでいただけたらと思います。

 

今年は暖冬で、いつもの冬より暖かく感じます。

それでもやっぱり冬。

寒いことには間違いありません。

風海では自家焙煎の温かい珈琲などをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 

会期は1月31日(日)までとなっています。

畠中治知 油彩画展

12月になりました。

今年も残り1か月を切りました。

師走。

そんな今月のギャラリースペースでは「畠中治知 油彩画展」を開催しています。

201512畠中展.jpg畠中先生は元教諭で、伊勢原・平塚市内の小中学校で38年間教鞭をとられてきました。

先生が油絵を描くようになったのは中学生のころ。

お父様が趣味として油絵を描いていたのに影響を受けたそうです。

その後、教員となり経済的な安定は得られたものの、画家として中央に出ていきたいという学生のころの夢は、二足のわらじは履けないということで遠ざけていきました。

それでも学校での指導の合間にスケッチやデッサンを行い、いつかは画家へという思いを細々とですが途切れることなく持ち続けたのでした。

そして教員を定年退職して一足のわらじになった現在、自分なりに満足がいくように自己完結したいという願望が年々強くなり、日々精力的に制作に励む毎日を送っています。

201512畠中展図版一覧.jpg今回は21点の作品を展示しています。

人物画、風景画、静物画、どれも先生独自の色使いで表現され、抽象画のような雰囲気も持ち合わせています。

数々の公募展にも出展して受賞をしているのもうなずけます。

 

2010年に風海で初個展をしてから今回で3回目の個展となります。

今回は先生お手製の作品集もあわせて置いてあり、過去の作品から現在の作品まで一挙に見ることができます。

また、今回は作品販売もしていておりますので、お気に入りの作品がございましたらお買い求めいただき、お手元においてみてみるのも良いことかもしれません。

すでに何点か売約済みになっている作品もあります。

 

忙しい年末。

でも、忙しいからこそほっと一息つく時間は大切なのかもしれません。

ぜひ、風海でその時間をすごしていただけたらと思います。

暖かい自家焙煎珈琲などをご用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

会期は12月27日(日)までとなっています。

伊勢原街並み写真展

201511伊勢原街並み写真展.jpg11月になりました。

今月のギャラリースペースでは『伊勢原街並み写真展』と題して、伊勢原青年会議所の皆さんの協力を得て伊勢原の今昔の写真を展示しています。

伊勢原青年会議所では「定点撮影事業」として1982年から伊勢原の街並みの移り変わりを写真で撮影し、記録をして残してきました。

30年で変わった伊勢原のまち、近年の自然や建物の変化、道路整備等の状況をぜひご覧いただけたらと思います。

201511伊勢原街並み写真展1.JPG上下2段で、上が過去、下が現在という形に展示をしています。

201511伊勢原街並み写真展2.JPG過去の写真を見てみると、車の形や店舗の看板などに時代を感じます。

また、昔はこんなところにこんな建物が・・・という感じに懐かしい思い出がよみがえってくるかもしれません。

3日、4日とちょい呑みフェスティバルで多くのお客様がいらっしゃいましたが、写真を見て皆さん一様に過去の思い出に浸っているようでした。

そして、もしかしたら会期中に新しい写真が追加で展示されるかもしれません。

 

これだけの写真を1度に見る機会はそうないことかと思います。

秋風に吹かれながらぜひ貴重な写真を見にお越しください。

会期は11月29日(日)までとなっています。

「花と子ども」遠間美代子 作品展

201510遠間美代子展.jpg10月になりました。

日に日に秋が深まってくる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

日向地区の彼岸花の見ごろもそろそろ終わり、今度は大山方面の紅葉の季節が近づいてきました。

そんな今月のギャラリースペースでは「花と子ども」と題して、伊勢原で創作活動をしている遠間美代子さんの水彩画と人形の展示をしています。

201510遠間展1.JPG展覧会タイトル通り「花と子ども」の水彩画を中心に、人形を7体展示しています。

201510遠間展2.JPG淡いタッチの水彩画はふんわりとした雰囲気で見る人の心を和ましてくれます。

にっこりと笑う子どもの表情を見ると、こちらもつられて微笑んでしまいます(^.^)

人形も表情が柔らかで、着物は細部まで作りこまれています。

人形作家の与勇輝さんのお弟子さんに技法を教わったということで、どことなく表情が師匠の師匠の作品ににています。

 

日中、日が照っていても、暑くもなく爽やかな季節になりました。

大山ケーブルカーもリニューアルして運行を再開しました。

大山へのハイキングの帰りにでもふらりとお立ち寄りいただけたらと思います。

自家焙煎の香り高い珈琲やアルコール類をご用意してお待ちしています。

 

会期は2015年10月1日(木)~31日(土)までとなっています。

第2回「百年桜の会 えとせとら展」

20159えとせとら展.jpg9月になりました。

今月のギャラリースペースでは今回で2回目となる「百年桜の会 えとせとら展」を開催しています。

写真、絵画、鎌倉彫り、絵本、フェルト細工など様々な作品を展示しています(^.^)

 

百年桜の会とは・・・

風海マスターが教職員時代に校長を務めていた、伊勢原市立高部屋小学校の100周年事業に関わったPTA・教職員有志の集まりです。

 

今回もたくさんの方々が協力してくれ、にぎやかな展示となっています。

たとえば、同じ写真にしてもやはりそれぞれ視点が違うので、見ていて面白いです。

 

今年の夏も暑かったですが、この頃は朝晩涼しくなり、すごしやすくなりました。

お散歩がてら、ぜひこのにぎやかな展示をご覧にいらしてください。

 

会期は2015年9月1日(火)~30日(水)となっています。

 

皆様のお越しをお待ちしています。

ミニフォトクラブ パートⅡ

20158写真4人展.jpg8月になりました。

毎日暑い日が続いていますが、皆様お元気におすごしでしょうか?

少し告知が遅くなりましたが、今月のギャラリースペースでは写真展を開催しています。

昨年も8月に写真展を開催していただいた方たちで今回は4名の方の写真を展示しています。

それぞれ、鳥や風景や人物といった得意分野を発揮して撮った写真ばかりで、生き生きと空間を切り取っています。

 

巷では「猛暑」だとか「酷暑」という言葉がよく聞かれますが、8日は「立秋」です。

徐々に秋らしい気候になっていきますね。

 

とはいってもまだまだ暑い日が続きます。

風海で冷たいアイスコーヒーやビールなどを飲みつつ涼んでみてはいかがでしょうか?

お待ちしています。

 

会期は8月30日(日)までとなっています。

風海 絵画4人展

20157絵画4人展.jpg7月になりました。

ムシムシじめじめした梅雨が続いていますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?

今月のギャラリースペースでの展示は「風海 絵画4人展」と題して、地元伊勢原で活動する4名の方の絵画展を開催しています。

太田瑞穂さん、高寺広昭さん、阿部恵子さん、新倉久子さんの4名です。

すでに絵画○人展と題して何回か風海で展示をしていただいている方々です。

 

今回も油絵と水彩画の展示をしています。

4人それぞれ個性あふれる作品ばかりで、目を楽しませてくれます。

 

ムシムシと暑い日はお散歩がてら、ふらっと風海まで足を運んでみませんか?

一晩かけて抽出した味わい深いアイスコーヒーやキリッと冷えた生ビールなど冷たいお飲物をご用意してお待ちしています。

 

会期は31日(金)までとなっています。

皆様のお越しをお待ちしています。

萩原香月 書展

20156萩原香月展.jpg6月になりました。

今月のギャラリースペースでは「萩原香月」さんの書展を開催しています。

20156萩原香月展1.JPG今回、初の個展ということで、いろいろと気持ちのこもった作品たちが並んでいます。

お話を伺うと、紙もいろいろな紙に書いたり、同じ紙でも表裏で書き上がりの表情が変わったり、かすれさせたり、にじませたり・・・

試行錯誤を繰り返して書かれたそうです。

 

一枚の作品を仕上げるのに、何十枚何百枚と練習を重ねるそうです。

また、額装も作品に合わせて立体的に浮き出させるか、逆に沈ませるか、いろいろとこっています。

20156萩原香月展2.JPG今回は賛助出品ということで、萩原さんの師匠「米山鬼峰(哲夫)」先生の書も2点展示させていただいています。

米山先生は実は元小学校の教諭をなさっていて、風海マスター小林功治とはかつて同僚でした。

そんなつながりから、風海の看板も米山先生に書いていただきました。

店内と店頭に一枚ずつ掲げてありますので、見てみてください。

 

月半ばの15日ごろには作品を何点か入れ替え、前半と後半ではまた趣が違った感じになります。

どの作品も静かだったり、飛び跳ねていたり、ただ墨と紙だけでこれだけの表現ができるのかと感心させられてしまいます。

 

梅雨入りも近づいてきて少々ジメッとした天気が続いていますが、美味しい水出しアイスコーヒーなどを飲みながら素晴らしい書の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

会期は6月30日(火)までとなっています。

 

皆様のお越しをお待ちしています。

第2回 水彩画4人展

20155風海絵画4人展.jpg5月になりました。

新緑のまぶしい季節です。

 

そんな今月のギャラリースペースでは石川孝子さん、石川和代さん、白崎喜恵子さん、田中弘子さんの4名の方の水彩画展を開催しています。

昨年も同じ5月に水彩画展を開催していただきました。

水彩画とういことでどれも軽やかなタッチの絵ばかりでこの時期の陽気のように、すがすがしい気持ちにさせてくれます。

 

会期は5月31日(日)までとなっています。

外出するにも気持ちの良い天気になってきました。

お散歩がてらぜひ素敵な水彩画をご覧にいらしてください。

風海 絵画3人展

201541絵画3人展ポスター.jpg4月になりました。

季節はすっかり春に(^.^)

草木が芽吹き、虫たちも元気に飛び始め、なんだかワクワクする陽気になってきました。

そんな、春爛漫の今月のギャラリースペースでは「風海絵画3人展」と題して、地元伊勢原で活動する3名の方のグループ展を開催しています。

20154絵画3人展.JPG松原裕さん(油彩)、高山啓子さん(水彩)、加藤勝さん(水彩)の3名です。

それぞれ、絵画教室に通い、日々腕を磨いています。

201541絵画3人展2.JPG松原さんの重厚な油彩画、女性らしい柔らかなタッチの高山さんの水彩画、同じ水彩画でもまた違う雰囲気の加藤さんの作品。

三者三様の作品が目を楽しませてくれます。

 

春です!

外を歩くには絶好の季節になってきました。

3名の方の個性あふれる作品をぜひ見にいらしてください。

香り高い自家焙煎珈琲またはお酒などをご用意してお待ちしています。

 

会期は2015年4月1日(水)~30日(木)となています。

フォトユニット「風花」 作品展

20153風花写真展.jpg3月になりました。

今月のギャラリースペースではフォトユニット「風花」作品展と題して写真の展示を行っています。

 

≪風花からのごあいさつ≫cherryblossom

 私たちは、2人の写真好きのおじさんと2歳の男の子のママさんの3人のグループです。

 私たちの写真をご覧になり少しでも幸せな気分や、写真に興味をもっていただけたらとの思いで作品展を開催いたしました。cherryblossom

 

風景や何気ない日常の一瞬を切り取った作品から、母親の目線から撮ったかわいらしいお子さんの写真まで20点の作品を展示させていただいています。

 

寒い冬もようやく終わり、ようやく春めいてきました。

そんな天気の中、ふらりとお散歩がてら写真をご覧にいらしてください。

 

こころ洗ってくれたり、ホッコリさせてくれる写真が待っています。

 

会期は3月31日(火)までです。

遠藤梨沙 絵画展 「リサ夢の世界」

20152遠藤梨沙展DM.jpg2月になりました。

今月のギャラリースペースでは遠藤梨沙さんの絵画展を開催しています。

20152遠藤梨沙展.JPG遠藤さんは将来、童話作家を目指しているということで、子供たちが喜びそうなかわいらしい絵を展示しています。

20152遠藤梨沙展2.JPG絵それぞれに作者の遠藤さん手書きによる物語が付け加えられていて、読むことでさらに絵の世界のイメージが膨らんでいきます。

たとえば、DMに乗せた作品では・・・

 

山のトンネル

山さんトンネル通ります。

  山さんに穴をあけてごめんなさい。

山さんの中には色んなものがあるんだね。

  山さんありがとう。

 

今日は節分、そして明日は立春。

暦の上では春になります。

そんな時期にふさわしい20代前半の瑞々しい感性で描かれた(書かれた)絵と物語をぜひご覧にいらしてください。

 

会期は28日(土)までです。

小林史征 水彩画展

20151小林ひさゆき展.jpg告知が遅くなりました(>_<)

2015年1月のギャラリースペースでは小林史征さんの水彩画を展示しています。

 

史征さんは実は風海マスター小林功治のお兄さんです。

初めは趣味で始めた水彩画もどんどんと上達して、今は公募展に出品、絵画教室を開くほどになっています。

風景やお花など合計で19点を展示させていただいています。

 

まだまだ寒く、外へ出るのが億劫になりがちな季節ですが、そんな時こそ散歩がてら風海で温かい自家焙煎珈琲を飲みながらやわらかいタッチの水彩画で心からホッコリなされてはいかがでしょうか?

 

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

野呂せつ子 水彩画展

201412展示.jpg12月になりました。

今年も残すところ1カ月切りました。

早い・・・あっという間の1年でした。

そんな2014年最後のギャラリースペースでの展示は「野呂せつ子」さんの水彩画展です。

201412野呂せつ子展.JPG201412野呂せつ子展2.JPG大小あわせて14点の作品を展示させていただいています。

水彩画ということで、やわらかく繊細なタッチの絵が並びます。

風景とお花の絵が半々。

どの作品も素敵ですが、特に花をモチーフにした作品は平面に描かれているはずなのに浮き出して見える。

そんな不思議な感覚を覚えます。

 

日に日に冬らしいキーンと冷えた気候になってきました。

風海では自家焙煎珈琲などの温かいお飲物(もちろんお酒も!)をご用意してお待ちしています。

素敵な絵画を眺めつつほっこりしてみませんか。

風海絵画3人展

201411風海絵画展.jpg11月になりました。

早いもので今年もあと2か月を切りました。

立冬もすぎ、冬の気配が日に日に濃厚になってくる今月のギャラリースペースでは「風海絵画3人展」と題して伊勢原で活動する3名の方の絵画展を開催しています。

阿部恵子さん(水彩)、太田瑞穂さん(油彩)、高寺広昭さん(油彩)の3名です。

皆さんそれぞれ絵画教室に通われ腕を磨いています。

今回でこのグループ展は4回目になるのですが、回を重ねるごとに皆さんレベルアップして毎回観る者の目を楽しませてくれます。

水彩は軽やかなタッチ、油彩はやはり重厚な雰囲気です。

ただ、同じ油彩でも作者が違うとまた違った雰囲気になって絵画の奥の深さを感じることができます

外は出歩くには寒い季節になってきましたが、温かい自家焙煎珈琲などをご用意してお待ちしています。

会期は11月1日(土)~30日(日)となっています。

ぜひ足をお運びください。

熊谷吉祥&信子コラボ写真展~妙高の四季~

2014101182440.jpg10月になりました。

秋も深まり朝晩は寒さを感じる季節になりました。

そんな今月のギャラリースペースでは熊谷吉祥さん・信子さんのコラボ写真展を開催しています。

熊谷吉祥さんは実は風海マスター小林功治の教員時代の同僚で、風海では過去何回か写真展を開催していただいています。

そして信子さんは吉祥さんのご二男のお嫁さんで新潟県妙高市のご出身です。

吉祥さんに触発され自らも写真を撮るようになり、今回が初の写真展となります。

信子さんのご実家は妙高でペンションを経営されているそうで、今回の写真展は「妙高の四季」と題して地元妙高の美しい自然の風景を収めた作品が多く展示されています。

20141011写真展1.JPG吉祥さん、信子さん合わせて14点の作品を展示しています。

20141011写真展2.JPG新潟だけに雪景色やつららのなど冬の写真が多く展示されています。

吉祥さんも新潟出身だけにお二人とも地元愛あふれる視点で撮った心温まる作品ばかりです。

爽やかな秋風の吹く中散歩がてら、ぜひご覧にいらっしゃてください。

温かい珈琲などをご用意してお待ちしています。

 

会期は2014年10月1日(水)~31日(金)となっています。

百年桜の会 えとせとら展

1409えとせとら展9月になりました。

暑い夏も通り過ぎ、ようやく秋の気配を感じられる気候となりました。

そんなすごしやすい季節になった今月のギャラリースペースのでは「百年桜の会 えとせとら展」と題して様々な作品を展示しています。

 

百年桜の会とは・・・

風海マスターが教職員時代に校長を務めていた、伊勢原市立高部屋小学校の100周年事業に関わったPTA・教職員有志の集まりです。

 

今回の展示のため声がけをしたところ13名もの方が応じてくれ、それぞれ1、2点出展してくださいました。

 

なので今回の展示はとてもにぎやかhappy01

 

絵画、写真、手作り絵本、つるし雛、書、鎌倉彫り、編み物などバラエティー豊かな内容となっています。

 

もちろん、同じ絵画、写真にしてもそれぞれの作者の個性が出て目を楽しませてくれます。

 

日に日に秋めいてくる今日この頃。

お散歩がてらぜひ展示を見にいらしてください。

楽しい「百年桜の会ワールド」が広がっています。

 

会期は2014年9月2日(火)~30日(火)となっています。

 

 

 

一念発起写真展

20148写真展ポスター.jpg8月になりました。

今月のギャラリースペースの展示は「”もうすぐ高貴な高齢者5人の”一念発起写真展」と題して、市内在住で趣味で写真を撮影していらっしゃる5名の方の写真展を開催しています。

20148写真展.JPG鳥、滝、夜景、五百羅漢などなど、5人それぞれの個性のある写真を展示しています。

20148写真展2.JPGとても趣味で撮っているとは思えないほど、生き生きとした瞬間を切り取った逸品ぞろいです。

月半ばには作品の入れ替えをしてくれるそうで、それもまた楽しみです。

 

梅雨も明け本格的な夏がやってきました。

暑いけれどもちょっと涼みに風海にお出かけください。

写真鑑賞しながら冷たい水出しアイス珈琲、またはキンキンに冷えたビールなどを飲むのも良いものです。

 

会期は2014年8月1日(金)~31日(日)までです。

第一回 はがき絵・グループ展

201471184648.jpg7月になりました。

早いもので2014年も半年すぎてしまいました。

まだ梅雨はあけていませんが日に日に夏らしくなってくるこの頃。

そんな今月のギャラリースペースでははがき絵展を開催しています。

今回はグループ展ということで小林淑子さん、笠原和江さん、伊藤栄子さん、諸星洋子さん、小澤澄江さん、小倉由夏子さん、そして皆さんを指導している師匠の吉田和正先生の7名の方の共同展示です。

201471182433.JPG

小林淑子さん

201471182527.JPG笠原和江さん

20147118261.JPG伊藤栄子さん

201471182630.JPG諸星洋子さん

20147118278.JPG小澤澄江さん

201471182738.JPG小倉由夏子さん

201471182821.JPG皆さんの師匠、吉田和正先生

描いている方の個性が出て目を楽しませてくれます。

吉田先生は「四季のはがき絵 草花のつぶやき」と題したはがき絵の描き方テキストも出版されています。

20147118335.JPG会期中¥1800で販売していますので、ご興味のある方は手にしてみてはいかがでしょうか?

そしてそして、吉田先生の絵葉書も同時販売しています。

201471183344.JPGこちらは1枚¥200で販売しています。

電子メールが発達して、なかなか手書きの手紙を出すことがなくなってきた今日この頃。

時には素敵な絵葉書に手書きで文字を書いて送ってみるのも良いことかもしれません。

 

会期は7月1日(火)~30(水)となっています。

第二回 芙心教室 画道展

201463画道展ハガキ.jpeg6月になりました。

今月のギャラリースペースでは「第二回 芙心教室 画道展」を開催しています。

日本画家の根岸芙心さんが指導する絵画教室の生徒さんの作品も含め14点の作品を展示しています。

201463芙心教室画道展1下段の作品はすべて一筆書きで描かれたもの。

繊細でありながら、大胆な筆遣いが楽しめる作品です。

201463芙心教室画道展2.JPG両側の2つの掛け軸は芙心教室の生徒さん、秦野龍心さん、佐藤裕心さんの作品です。

今回は日本画(岩絵の具)の作品ということで、どこかしっとりとして落ち着いて作品ばかりです。

初夏を通り越して最近は真夏のような暑い日が続きます。

そんな日は素敵な作品を鑑賞しつつ風海でちょっと涼んでみてはいかがでしょうか。

おいしい水出しアイス珈琲などの冷たいお飲物(もちろんビールもネ)をご用意してお待ちしています。

会期は2014年6月1日(日)~29日(日)となっています。

風海絵画4人展

20145風海展.jpg5月になりました。

新緑のまぶしい季節です。

そんな薫風香る今月のギャラリースペースでは「風海絵画4人展」を開催しています。

地元伊勢原で活動する石川孝子さん、田中弘子さん、白崎喜恵子さん、石川和代さんの4名の女性作家さんによるコラボ展です。

20145風海絵画展.JPGすべて水彩画で、大きな作品から小さな作品まで16点を展示しています。

20145風海絵画展2.JPG水彩画特有の透明感と女性らしい淡い色使いの作品たち。

4人の作家さんそれぞれの個性が発揮され、目を楽しませてくれます。

会期は2014年5月1日(木)~31日(土)までとなっています。

さわやかな風が吹き、ふらっとどこかへ出かけたくなってくる、そんな気候になってきました。

ぜひその足で風海にお越しになり、素晴らしい絵画たちをご覧になってください。

小林史征 水彩画展

4月になりました。

春らしいぽかぽかとした陽気となってきました。

そんな春爛漫の今月のギャラリースペースでは「小林史征」さんの水彩画の展示をしています。

小林史征さんは実は風海オーナー小林功治のお兄さんでもあります。

201445174041.JPG201445173710.JPG20144517387.JPG風景画、静物画、合わせて16点の作品を展示しています。

201445173912.JPG201445173958.JPG透明感のある水彩画。

この季節にふさわしい展示のような気がします。

春の陽ざしをあびて散歩がてら風海にぜひ足を運んでみてください。

会期は2014年4月1日(火)~30日(水)です。

長谷川ヒラオ絵画展

3月になりました。

ようやく暖かくなってきたかと思ったらまた寒くなったり気候の変動の大きい今日この頃ですが、本格的な春はすぐそこまで近づいてきているようです。

そんな今月のギャラリースペースでは「長谷川ヒラオ」さん(故人)の絵画展を開催しています。

長谷川ヒラオさんは1935年神奈川県生まれ。

65年中央美術学園卒。

80年第36回現展にて現展賞、他受賞15回の経歴の持ち主です。

ヒラオさんの奥様が風海の常連客でそれが縁で今回展示をしていただくことになりました。

201431175810.JPG201431172821.JPG20143117291.JPG舞シリーズ(油絵)。

作品は違いますが「2008年版現代日本の美術」に掲載されている長谷川さんの作品の評を転載させていただきます。

『筆者はしばしば長谷川の作品に能舞台を見るときの感興と重なるものを感じる。橋掛かりから現れてきたシテの舞と地謡や囃子方の人々。そういったフォルムとその醸し出す雰囲気を、この「舞-07」にも感じることができる。』 - 高山淳氏

確かに抽象画なので描かれている対象がはっきりとはしないのですが、見ていて躍動感を感じる作品です。

201431174844.JPG201431174947.JPG201431175030.JPG舞シリーズのほかにもペンで輪郭を描き、水彩絵具やパステルで彩色した作品も何点か展示させていただいています。

油絵とは違い、軽やかな雰囲気の作品です。

201431175338.JPG20143117567.JPGお子様が生まれたときのデッサン画(クロッキー?)も今回展示させていただきました。

お一人の作家さんですが油絵、ペン画、デッサン画と様々なタッチの作品を楽しめる展示になっていると思います。

 

会期は2014年3月1日(土)~30日(日)までです。

3月にもなれば春めいた暖かい日が多くなってくることでしょう、そんな日にふらっと風海に立ち寄って香り高い珈琲や美味しいお酒を楽しみながらご覧になってみてはいかがでしょうか?

荒木敏子(布絵)・隆一(切り絵)親子コラボ展

20142418222.JPGさてこの絵は何絵でしょう?

実は布の切れ端を貼り付けた「布絵」です。

少し離れてみると油絵のように見えます。

2月のギャラリースペースでは荒木敏子さん(故人)の「布絵」とご子息の荒木隆一さんの「切り絵」のコラボ展を開催しています。

20142417455.JPGこちらも敏子さんの布絵。

みずみずしい鯖と背景の新聞紙も全て布。

額縁は伊勢原市内でチェンバロの作成・修復工房を持っているご子息の玉利要二さんによるものです。

絵も素敵ですが額縁がよいとさらに絵が引き立ちます。

201424175222.JPG「ざくろ」布の柄をうまく取り込んで絵にしています。

 

201424175421.JPGそしてこちらはご子息の荒木隆一さんの「切り絵」です。

隆一さんは「春雪子(しゅんせつし)」という俳号をお持ちで俳句の世界でも活動しています。

201424175745.JPG布絵と切り絵あわせて13点の作品を展示しています。

会期は2月28日(金)までです。

素晴らしい布絵と切り絵の世界を是非ご覧にいらしてください。

星野和雄「富士山世界文化遺産登録記念写真展」

1月になりました。

今年最初のギャラリースペースでの展示は昨年「世界文化遺産」に登録された富士山の写真展を開催しています。

厚木市在住の富士山フォトグラファー「星野和雄」さんの作品です。

201414富士山1.jpg

「春の雪」 忍野村

201414富士山2.jpg「霧氷」 山中湖

星野さんのプロフィールです。

fuji

1943年厚木市生まれ。

現在約30年の写歴を有し、霊峰富士に憑りつかれ、所謂「フジのヤマイ」に陥っております。

万事を尽くしても思い通りの撮影ができないことも多く、再チャレンジの日々です。

しかし、成功時の満足感、そして多くの方々にこうしてご高覧いただくことの充実感を励みとし、今回も写真展開催の運びとなりましたことを嬉しく思います。

未だ未熟者ではございますが、今後とも精進いたしますので、どうぞ末永くお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

fuji

201414富士山3.jpg

「倒富士と早苗」 忍野村

 

今回は夕焼けや夜景の写真なども含め、13点の作品を展示しています。

まだまだ寒い日が続きますが、さすが「霊峰」と呼ばれることだけはある、富士の雄姿をご覧にいらしてください。

会期は1月31日(金)までです。

横山萌「猫の色鉛筆画」展

201311横山萌展.jpg11月のギャラリースペースでは伊勢原在住の色鉛筆画作家の「横山萌」さんの作品を展示しています。

201311横山萌展全体1.JPG201311横山萌展全体2.JPG作品数は全部で15点。

どれも繊細で柔らかいタッチで描かれています。

横山さんは2009年から個展やグループ展を開催し活動している作家さんです。

ご本人によるプロフィールをご紹介します。

cat

10数年前から猫が好きで猫の絵を描いています。

2匹の猫を飼っていましたが、昨年12歳の猫が亡くなりました。

201311横山萌展1.JPGその猫が上の絵の猫です。

いつも私の傍らにいて食事の支度をしていると冬の寒い時でも暖かな部屋から移動して傍らにいた可愛い子でした。

今は17歳のお婆さん猫だけになりましたが大きな声で鳴いて元気でいます。

cat

そんな猫好きな横山さんの作品を何点かご紹介します。

201311横山萌展2.JPG

「モデル気分」

201311横山萌展3.JPG

「シルバーの横顔」

201311横山萌展4.JPG

「何を見ているの?」

 

最近、我が家にも野良の茶トラの子が住み着きました。

その子の表情やしぐさを思い出しながら横山さんの絵を見ていると、よく観察されていて、そして愛情を込められて描かれているなぁ、と感じます。

観ていて心和む色鉛筆画をぜひご覧にいらしてください。

会期は2013年11月1日(金)~30日(土)までです。

「田村宗大」写真展

201310写真展.jpg10月のギャラリースペースでは田村宗大君の写真を展示しています。

田村君はマスターが小学校の校長を勤めていたころの在校生で、その時の縁で今回写真展をしてもらうことになりました。

昨年10月から今年9月までの1年間の中で撮った写真をまとめました。

13日(日)までは伊勢原市内の写真を、15日(火)から31日(木)までは旅行先で撮った写真を展示します。

201310写真展1.JPG201310写真展2.JPG鉄道の大好きな田村君。

HOゲージ機関車トーマスでジオラマを作ったり、鉄道模型展覧会に行って写真を撮ったりしているそうです。

201310写真展3.JPG201310写真展4.JPG201310写真展5.JPGその他にはあやめの里、大山寺、日向薬師などで撮った写真を展示しています。

市内の写真は自転車で周って撮ったそうで、時々足が痛くなって大変だったそうです。

そして、15日からは旅行先で撮った写真を展示します。

201310写真展6.JPG201310写真展7.JPGアメリカ、サンディエゴとラスベガスとグランドキャニオンで撮った写真と・・・

201310写真展8.JPG201310写真展9.JPG日本国内では金沢、白川郷、東尋坊で撮った写真を展示します。

 

ようやく厳しい暑さも遠のき、さわやかな秋風が吹くようになりました。

秋風にのって若々しい視点で切り取られた写真の数々ををご覧にいらしてはいかがでしょうか。

会期は10月31日(木)までです。

風海絵画展

20130903風海展ポスター.jpg9月のギャラリースペースでは「風海絵画展」と題して、伊勢原市内在住の3名の方の作品を展示しています。

・太田瑞穂さん(油絵)

・高寺広昭さん(油絵、水彩)

・阿部恵子さん(油絵、水彩)

20130903風海絵画展.JPG重厚な油絵から軽やかなタッチの水彩まで全部で12点の作品を展示しています。

20130903風海絵画展2.JPG同じ油絵でも描いた人それぞれの個性が出て、目を楽しませてくれます。

3名とも公募展に出品し、入選した経歴の持ち主です。

 

まだまだ厳しい残暑が続いていますが、吹く風には秋の気配が感じられるようになりました。

秋風に吹かれつつ風海で珈琲やお酒をお供に芸術に触れてみてはいかがでしょうか。

会期は2013年9月1日(日)~9月29日(日)までです。

ケータイ写真展「山の上の雲」

今月のギャラリースペースではケータイ写真展「山の上の雲」と題して、伊勢原在住のチェンバロ・ピアノ作成修復家の玉利要二さんの作品を展示しています。

なんと、全ての写真、携帯電話内蔵のカメラで撮っています。

201379205210.JPG

「光あれ!」

全てはこの作品から始まりました。

 

「にわかケータイ写真家【雲助童】の寝言」として、作者の玉利さんからこの展覧会に宛てて文章が寄稿されましたので、少し長いですが引用させていただきます。

 

1年半前のクリスマスの日。

家内が脳炎となり、かろうじていきのびたものの瀕死の重症。記憶の一切が無くなり言葉も判らず、動かせるのは目の玉だけ。家内の母まで心労で倒れる始末。自転車で毎夕、伊勢原から東海大学前駅近くの秦野厚生病院まで義母を見舞い、そのあと本厚木の湘南厚木病院まで行き家内の食事介護。陽も暮れてから伊勢原へ戻るのが毎日の日課だった。雨の日も、雪の日も、クソ暑い夏の日も・・・。

 

1年前のちょうど今頃の季節・・・。チャリを走らせつつ、ふと大山の方を見ると、えもいわれぬ光景が目に映った。嵐が去った後、雲の切れ目から光が射し込み、まるで「光あれ!」という天地創造の一瞬を目のあたりにしているかの如し。

 

「みぁ〜げてごらん・・・」顔を少し上げれば「大山」も小山にしか見えず、そこには一瞬一瞬ドラマティックに変わって行く壮大な光景が繰り広げられているのだ。が、しかし夕方のクソ忙しい時間にボーッと空を見上げ、天上世界のドラマを愛でていられるようなひま人が、そうそうおるとも思えない。

 

なれば、神様からの戴きものを私が写真に撮らせて戴いて、世の多忙な方々にみて戴き、コーヒーカップを傾けてちょっと一服して戴けたら幸い。退職金を叩いて立派なカメラをお買いになり、写真技術を極めん・・・とする諸兄等には笑いぐさにもならぬ携帯電話のカメラで始まったが、しかしいつも重い大きなカメラを下げて暮らしているわけにもいかない。何よりワクワクドキドキする出会いの時こそがシャッターチャンス。活かされているという実感の時。「いいなぁ、素敵だな!」と思ったときが【命】ではあるまいか?

 

今回は一点だけ、布絵作家だった亡き母/荒木敏子の最後の祭壇画「望郷」を並べたのだが、何だか親子して同じ所を見つめている事に、今頃きがついた。

「愛とは・・・ なによりもまず 沈黙の中で耳を傾けること 愛するとは 見つめること・・・」(サンテグジュペリの言葉)

 

201379205313.JPG


「夕焼けこ焼け」

201379205455.JPG

「雲爆発」

せまりくる雲、前線でしょうか

 

今回の展覧会では展示されていませんが、2点写真をお預かりしたのでご紹介します。

20137920560.JPG

201379205622.JPG

 

そして最後に、今は亡き玉利さんのお母様、荒木敏子さんの布画「望郷」。

 201379205720.JPG

様々な種類の布を貼りあわせて表現した作品です。

 

会期は30日(日)までです。

梅雨の晴れ間にふらっと作品をご覧にいらしてください。

つちやたえこ 絵画展

5月です。

日に日に木々の緑が濃くなっていきます。

吹く風も爽やかで、半そででいても大丈夫な日も出てきました。

そんな陽気の続く今月のギャラリースペースではイラストレーターの「つちやたえこ」さんの絵画展を開催しています。

201371113249.JPG

ひなげし(油彩)

201371113315.JPG

ひととき(油彩)

201371113346.JPG

キウイ(油彩)

 

油彩はやはり重厚で落ち着いた雰囲気に感じられます。

 

201371113410.JPG

半鐘づる(水彩)

 

変わってこちらは水彩画。

軽やかで繊細な雰囲気の絵です。

この他にも切り絵や鉛筆画などが並びます。

 

一人の人が作り出した作品とは思えないくらい多彩な作品達が並びます。

 

5月の爽やかな風に乗ってぜひ風海までお越しください。

 

会期は2013年5月1日(水)〜5月31日(金)までです。

春沢幸子「アクリル画」展

4月になりました。

今年は桜の開花が早く、あっという間に咲いて、散って、すでに葉桜になっているところも多いようです。

でも、気温はどんどんと上昇して春らしい日が多くなってきています。

そんな陽気の今月のギャラリースペースの展示は「春沢幸子」さんのアクリル画展です。

2013711115357.JPG

こちらの作品はタタミ一畳ほどもあろうかという大作です。

猫と鯨が遊んでいる不思議な絵です。

2013711115419.JPG

2013711115455.JPG

今回は猫の絵を中心に展示しています。

それぞれに物語があり、それぞれがつながっていく、紙芝居のように楽しめる作品です。

2013711115611.JPG

2013711115646.JPG

作者の春沢さん曰く、観る人が自由にストーリーを組み立ててみたもらいたいとのこと。

それぞれがどんなストーリーを組み立てるのか、楽しみです。

 

2013711115732.JPG

最後にご紹介する作品。

こちらも大作で「いせはら市展」で賞を受賞した作品です。

 

春らしいにぎやかで、楽しい作品が並んでいます。

 

会期は2013年4月2(火)〜4月30日(火)までです。

エフティ生徒作品展(ちりめん細工、つるし雛、手鞠)

今年もやってきましたsign01

3月のギャラリースペースの展示はこの時期にふさわしい、つるし雛、ちりめん細工、手鞠の展示をしています。

何故ふさわしいのか?

それは3日(日)が「ひな祭り」だからです。

毎年この時期にあわせて、伊勢原駅北口アサヒショッピングセンター内にある手芸のお店「エフティ」さんの生徒作品の展示をさせていただいています。

 

201371112738.JPG

20137111286.JPG

つるし雛。

つるされているものにはそれぞれ意味があるようで、いずれも子どもを思う親の気持ちがこめられています。

 

201371112846.JPG

布製のお雛様。

201371112922.JPG

そしてこちらは和紙で作ったお雛様。

それぞれ高さ10センチほどのかわいらしいお雛様です。

 

2013711121010.JPG

今年の干支。

ちりめん細工です。

 

201371112117.JPG

こちらは木目込み手鞠。

何枚もの布を使って作られています。

布のどの部分を使うか、布同士の配置をどうするか、なかなか難しそう。

 

130302椿.JPG

ちりめん細工の椿。

壁にかけるタイプです。

これもまた置くタイプと違って面白い仕上がりとなっています。

 

昨日、春一番がやっと吹きました。

それにあわせたかのように今月は華やかな展示でいっぱいです。

これからはどんどんと暖かくなっていくことでしょう。

そんな暖かい日は、ぜひ、風海まで足を伸ばしてかわいらしい作品達を観て行ってください。

心なごみます。

 

会期は3月31日(日)までです。

菅安恭子・山田一好 2人展

今月2月のギャラリースペースでは菅安恭子さん(ステンドグラス)と山田一好さん(油彩)の2人展を開催しています。

 

まずは菅安さんのステンドグラスのご紹介から。

2013711121742.JPG

 

201371112187.JPG

 

2013711121838.JPG

2007年に開店してから様々な展示をしてきましたが、ステンドグラスの展示は今回が初めてです。

夜になって灯りをともすと幻想的な雰囲気になります。

この他にも壁にかけるタイプのステンドグラスも展示させていただいています。

 

 

そして、山田さんの油絵のご紹介。130205油彩.JPG

 

2013711122027.JPG

 

2013711122051.JPG

柔らかいタッチの描写が特徴的な作品達です。

80歳を迎えられてなお創作活動を続けられています。

 

立春もすぎ、これからはだんだんと暖かくなっていくことだろうと思います。

お二人の素晴らしい作品を観に、ぜひ風海に足をお運びください。

会期は2月28日(木)までです。

 

2013年 ギャラリー展示スケジュール

2013年のギャラリースペースの展示スケジュールです。

今年もたくさんの方々にご協力いただいて月替わりで楽しい展示をしていきます。

展示内容の詳細については随時更新していきますので当ホームページでご確認ください。

chick

1月:風海絵画4人展(高山徹夫、田中繁雄、田中正邦、松原裕)

2月:菅安恭子(ステンドグラス)・山田一好(油彩)2人展

3月:エフティ作品展(つるし雛、ちりめん細工、手鞠の展示)

4月:春沢幸子「アクリル画展」

5月:つちやたえこ絵画展

6月:ケータイ写真展「山の上の雲」

7月:根岸芙心「日本画展」

8月:未定

9月:風海絵画2人展(高寺広昭、安倍恵子)

10月:田村宗太「伊勢原の風景写真展」

11月:横山萌「色鉛筆で描く、猫の肖像画」

12月:風海コレクション展

pig

風海絵画4人展

2013年1月4日(金)〜1月31日(木)

 

2013年始めてのギャラリースペースでの展示は「風海絵画4人展」。

地元、伊勢原で創作活動に励んでいる4人の方の作品を展示させていただいています。

 

・松原裕さん(油彩画)

・田中正邦さん(油彩画)

・田中繁雄さん(水彩画)

・高山徹夫さん(油彩画)

以上、4名の作家さんに出品していただいています。

 

伊勢原では絵画を学んでいる方が多く、自分の作品をたくさんの人たちに見てもらいたいということで、この「風海展」も過去何回か開催しています。

2013711122617.JPG

40号もある大きな作品から小さな作品まで、皆さん趣味で絵画を勉強していると思えないような力作ぞろいです。

 

2013711122646.JPG

油彩画の出品数が多いので、今月のギャラリースペースは落ち着いた雰囲気になっています。

 

2013年始まったばかり。

何かとあわただしい日が続くかと思いますが、作品を見ながら自家焙煎のコーヒーやお酒でホッと一息入れてみてはいかがでしょうか?

 

風海では今年も月替わりで様々な作品を展示していきます。

絵画、写真などの平面的な作品から、つるし雛やステンドグラスなどの立体作品まで。

今年の展示スケジュールは近日中に公開します。

尾身伝吉 木版画の世界「雪国の四季 故郷の絆」展

今年も残り1ヶ月となりました。

師走のギャラリースペースでは新潟出身の版画家「尾身伝吉」さんの作品を展示しています。

 

尾身さんの展覧会は今回で4回目の開催となります。

それでは展示作品の一部をご紹介します。

2013711123939.JPG

「鮭の生命」 木版画

 

2013711124024.JPG

「穫り入れの朝」 木版画

 

2013711124049.JPG

「美しい風」 木版画

 

紙ではなく布に絵を刷った作品も。

2013711124113.JPG

「ふくろう」 絹布木版画

 

2013711124138.JPG

「ちまき」 木版画

両親が新潟出身で子どもの頃はよく「ちまき」を食べました。

きな粉をまぶしたり、わさび醤油で食べた記憶があります。

 

201371112427.JPG

「故郷の峰」 絹布はり絵

今回初めて目にした作品です。

布の貼り絵です。

 

2013711124233.JPG

「香る秋」 水彩画

毎回、何点か水彩画も出品してくれます。

こちらも版画同様、淡い色使いの作品です。

 

毎回、優しい色使いの作品で見ている人の心をホッコリさせてくれます。

昨秋、第2回恋文大賞で特別ビジュアル賞を受賞した尾身さんの素晴らしい作品の世界をぜひご覧にいらしてください。

会期は2012年12月1日(土)〜12月27日(木)までです。

絶滅危惧種Ⅱオキナグサ&北海道ガーデン街道写真展

今月のギャラリースペースでは熊谷吉祥さんの写真展が開催されています。

今月前半は「絶滅危惧種Ⅱ類」に指定されているオキナグサの写真を展示しています。

201371112495.JPG

オキナグサはキンポウゲ科の多年草で日当たりのよい草原に生えます。

2013711124931.JPG

花びらのように見えるのはガクで、白い産毛をつけます。

花は輪状葉の先に下向きに咲きます。

2013711124957.JPG

2013711125024.JPG

撮影者の熊谷さんによると、一昨年、オキナグサの種を青少年センターの庭にまいてみてはどうかと、財産法人伊勢原市みどりのまち振興財団おきな草愛護会からいただいたそうです。

これらの写真は種をまいてから2年経った、2012年3月からの記録です。

201371112513.JPG

オキナグサの写真の展示は15日(木)までで16日(金)〜30日(金)までは北海道ガーデン街道の写真が展示されます。

 今回は特に接写にこだわった作品が多く、ふだん人間の目では見れないような花の形が写し出されています。

可憐な花の姿をぜひご覧にいらしてください。

 

さて、16日(金)に作品の入換えが終わり、後半の部が始まりました。

後半は「北海道ガーデン街道」を旅行したときの写真が展示されています。

2013711125131.JPG

北海道と言えば、広大な畑をイメージする人が多いかと思います。

そして、こちらもやはり北海道ならではの・・・。

2013711125154.JPG

そう、ドラマ「北の国から」で使われたセット「五郎の家」です。

 

2013711125219.JPGこちらは紫竹ガーデンの写真。

 

2013711125246.JPG

色とりどりの様々な草花が植えられています。

 

2013711125310.JPG

ガーデン街道の詳細な解説付きで展示されています。

北海道の澄み切った空気の元で撮影された花や草木の写真の数々。

見ているだけで心和みます。

会期は今月30日(金)までです。

松本輝「猫写真展示会」開催中です。

今月のギャラリースペースには松本輝さんの猫の写真が展示されています。

EPSON004.JPG

猫と言っても飼い猫ではなく全て野良猫。

FH000001.JPG

EPSON028.JPG

初めは警戒されて撮影すらできない状態でしたが、毎日のように通い続けることで懐いてくれ、呼べば返事もするようになったそうです。

2013711131555.JPG

松本さんの撮影する猫たちはどれも生き生きとしていています。

FH000016.JPG

見ていて思わず微笑んでしまうような写真ばかり。

 

ご紹介したのはほんの一部です。

まだまだたくさんの表情を見せる猫写真が展示されています。

 

ようやく厳しい残暑が落ち着いた今日この頃。

秋風に吹かれながらふだんなかなか見ることのできない猫の世界をご覧にいらしてください。

 

会期は2012年10月2日(火)〜31日(火)です。

 

また、今月は今年で4回目となった「いせはら文化・芸術めぐり」の開催月でもあります。

1ヶ月間市内の様々な場所で様々な展示が行われています。

ホームページはこちらですdown

http://iseharaartrally.web.fc2.com/

風海も1回目から事務局として参加しています。

こちらのイベントのほうもよろしくお願いします。

柳翔太郎「切り絵の世界」展 開催中です

会期:2012年9月1日(土)〜30日(日)

9月のギャラリースペースでは1月にも展覧会をしていただいた切り絵作家の「柳翔太郎」さんの切り絵が展示されています。

 

今回は全て新作の展示になります。

それでは、展示作品の一部をご紹介します。

201371113249.jpg

「小田急線 5000形」

 

2013711132429.jpg「小田急ロマンスカー  HiSE(10000形)」

 

2013711132452.jpg

「小田急ロマンスカー RSE(20000形)」

柳さんお気に入りの電車シリーズです。

 

2013711132518.jpg

「平等院鳳凰堂」

 

2013711132540.jpg

「唐招提寺」

 

2013711132610.jpg

「金閣寺」

お寺の作品も何点かあります。

 

2013711132637.jpg

「東京タワー展望台」

前回の展覧会でも展示してもらった東京タワー。

今回は展望台をクローズアップ。

 

そして・・・。2013711132658.jpg

「伊勢原のマンホール」

マンホールのふたをモチーフにした作品です。

こうやって見るとマンホールのふたでもなかなか面白い構図をしています。

 

会期中の9月30日に柳さんは20歳になります。

まだまだ厳しい残暑が続いていますが、9月に入りしだいにすごしやすくなってくることと思います。

1月よりもさらに成長した柳さんの繊細な切り絵をぜひご覧にいらしてください。

 

 

 

 

柳翔太郎「切り絵の世界」展 開催します

会期:2012年9月1日(土)〜9月30日(日)

2013711132927.jpg

今年の1月にも展覧会をしていただいた切り絵作家「柳翔太郎」さん。

ご本人の強い希望により9月に再度展覧会をしていただくことが決まりました。

今回展示していただく作品は全て新作!となります。

 

そして。

会期中の30日に柳さんはめでたく20歳を迎えることになりますbirthday

繊細でありながら大胆に画面を切り取る表現力。

そんな成長した柳さんの新作をぜひご覧にいらしてください。

 

会期が始まりましたら展示作品の内容などの詳細をまたこのホームページでお知らせします。

 

 

「遊びの書」展開催中です

「自分の良心の声に耳を傾けて」

今月のギャラリースペースでは高部屋公民館で創作活動を行っている「めぐみ会」の皆さんの「遊びの書」展が開催されています。

2013711133437.JPG

201371113353.JPG

全部で13点。13人の方の作品です。

 

2013711133525.JPG

「無心に遊ぶ」

無心に何かに夢中になれるということは良いことです。

 

2013711133546.JPG

「初心忘るべからず」

風海は今年で開店5周年を迎えました。開店当時の気持ちを忘れずに。

 

201371113366.JPG

睦月、如月、弥生・・・。

それぞれの月の名前にはそれぞれ意味があります。

1月、2月と数えるよりも風流ですね。

 

13人の書。

それぞれに書いた方の個性が出て目を楽しませてくれます。

「遊びの書」と題しているだけに遊んでます、踊ってます。

 見ていて楽しくなる書の世界。

ぜひ、ご覧にいらしてください。

 

会期は2012年8月1日〜31日までです。

「絵手紙展」開催中です

7月のギャラリースペースでは高部屋公民館で創作活動を行っているサークルの皆さんの「絵手紙展」が開催されています。

7月1日〜15日までは「野ぎくの会」、そして7月16日〜31日までは「さわらびの会」の皆さんの作品が展示されます。

 

まずは前半の「野ぎくの会」の展示の様子からご紹介します。

IMG_1643.JPG

IMG_1642.JPG

作品数は全部で16点。

それぞれ書いた方の個性が出て、目を楽しませてくれます。

IMG_1644.JPG

IMG_1647.JPG

季節の食材をモチーフにしたものや・・・。

 

IMG_1645.JPG

IMG_1649.JPG

季節の草花をモチーフにしたものなどなどなど。

 

送る人のことを思って書いた絵手紙たち。

見てホッコリとする温かみのある作品ばかりです。

 

Eメールが発達して普段の連絡では「文字を書く」ということがほとんど無くなってしまった現在。

改めて手書きの文字の良さを考えさせられる展示です。

後半の部の作品の入換えが終わりましたら、またこのホームページでご紹介します。

 

後半の「さわらびの会」の皆さんの展示が始まりましたので、ご紹介します。

今回も身近な草花や食材を題材にしたものが多いです。

2013711134138.JPG

あさがお。

夏といえばこの花。といえるほどこの季節に良く見かける花です。

小学校の頃に夏休みの課題で育てた記憶が蘇ります。

2013711134159.JPG

ほおづき。

2013711134245.JPG

びわ。

ほんのひと言ですが、書いてある文字が絵を引き立てます。

201371113437.JPG

しょうが。

「朝どりが一番です」

確かにその通り。

風海夜の部ではこの季節、谷中しょうがに豚ばら肉を巻き、衣を付けて揚げた「谷中しょうがのフリッター」がメニューとして登場します。

豚肉の脂身としょうがの爽やかさがマッチして好評な一品です。

2013711134327.JPG

コスモス。

この花の季節にはまだ少し間がありますが、季節を先取りして。

 

このほかにも風景画などもあります。

後半も見ていてほのぼのとする絵手紙ばかりです。

 

会期は7月31日(火)までです。

外はやたらと暑いですが、涼みに風海まで足をお運びください。

ほのぼの絵手紙とアイスコーヒーがお待ちしています。

吉川文夫「墨絵の世界」展

2013711135228.jpg

今月のギャラリースペースでは吉川文夫さんの墨絵が展示されています。

吉川さんは自動車会社を定年退職後、中国に渡り10年間日本語教師としてボランティア活動を行いました。

教鞭をとるかたわら、中国文化(中国画、太極拳)に触れ、中国画は中国伝統の水墨画、工筆画(細密画)等の画法を学びました。

2013711135246.JPG

白と黒で表現された水墨画の他に、彩色された作品も展示されています。

2013711135313.JPG

工筆画は細い線で繊細に表現され、思わず近寄って見たくなるほど。

吉川さんのご友人の作品もあわせて展示しています。

2013711135337.JPG

会期は2012年5月1日(火)〜31日(木)です。

「Flower」 又地真琴 日本画展

2012年4月1日(日)〜4月29日(日)

201371117723.jpg

今月のギャラリースペースでは新潟出身で、現在は京都で創作活動をしている日本画家「又地真琴」さんの日本画展を開催しています。

201371117745.JPG

201371117810.JPG又地さんは昨年2月にも当店で展覧会を開催してくれました。

今回は「Flower」とあるように、花を題材とした作品を中心に展示しています。

201371117836.JPG

「あじさい」

201371117859.JPG

「アネモネ」

 

又地さんは3姉妹のうちの次女。

姉と妹を描いた作品も並んでいます。

201371117922.JPG

 「本当は」

201371117945.JPG

「春の」

 

そのほかにも身近な食材をモチーフとした作品も展示しています。

2013711171010.JPG

「柚子」

2013711171032.JPG

「柿」

 

これらの作品はこの手から生まれました。

2013711171051.JPG

「つくる手」

 

繊細で柔らか、今までに無い作風の日本画をぜひご覧にいらしてください。

エフティ「生徒作品展示会」

今月のギャラリースペースではご近所のショッピングセンター内にある手工芸のお店「エフティ」さんのご協力を得て、生徒さんの作品を展示しています。

3月はひな祭りがあるので、毎年それにあわせて「つるし雛」や「ちりめん細工」の展示をしてもらっています。

2013711174629.JPG

今回も生徒さんたちの力作が並びます。

 

2013711174648.JPG

小さなちりめん細工の作品それぞれにも意味があるようで。

例えば・・・。

「猿」:厄が去る。

「梟」:呪力がある。福や不苦労にかけて。

「風車」:全て順調に回るように。

などなど。

どんな意味が込められているのか理解すると、また違った見方ができます。

 

2013711174710.JPG

今年の干支の「辰」の作品も展示されています。

いろいろな生地をどのように組み合わせるかで、同じ作り方をしてもまったく違った印象になります。

その組み合わせの妙をぜひご覧になってください。

 

会期は2012年3月1日(木)〜31日(土)です。

2012年 ギャラリー展示スケジュール 更新しました

2012年のギャラリー展示スケジュールは下記のとおりとなっています。

12月のスケジュールも決定次第公開いたします。

 

1月:柳翔太郎「切り絵の世界」展

2月:宮本公子・中川保範「絵画・竹細工2人展」

3月:エフティ「生徒作品展示会」(つるし雛、ちりめん細工、手鞠の展示)

4月:「Flower」 又地真琴 日本画展

5月:吉川文夫「墨絵の世界」展

6月:秋山里奈「活動記録写真展」

7月:絵手紙展

8月:書の遊び展

9月:柳翔太郎「切り絵の世界」展 再び

10月:猫の写真展

11月:熊谷吉祥 写真展

中川保範・宮本公子 2人展

2013711174940.jpeg

2月のギャラリースペースでは中川保範さん(竹細工)と宮本公子さん(色鉛筆画)の作品が展示されています。

 

宮本さんの色鉛筆画は繊細でやわらかい作風が印象的です。

IMG_0334.JPG

静物画を中心に、人物画や花の絵などを展示しています。

IMG_0329.JPG

 こちらは案内ハガキにもなっている「ざくろ」。IMG_0330.JPG

 

そして、中川さんの竹細工。

パンダやブタなどをモチーフにしたコミカルな作品たちが並びます。

IMG_0312.JPG

IMG_0331.JPG

今年の干支でもある辰の作品も。

IMG_0313.JPG

虫シリーズ。

子どもたちが喜びそうなカブトムシやクワガタ。

IMG_0328.JPG

 IMG_0327.JPG

今月の展示は見ていて心がほっこりする作品たちばかりです。

会期は2月1日(水)〜29日(木)までです。

柳翔太郎「切り絵の世界」展

会期:2012年1月5日(木)〜1月31日(火)

 

2012年初めのギャラリースペースでは「柳翔太郎」さんの切り絵が展示されています。

柳さんは1992年生まれ。今年20歳になる若手の作家さんです。

13歳で切り絵を始め、様々な活動を通していくつもの賞を受賞しています。

今回展示されている作品の一部をご紹介します。

2013711175216.jpg

「雷門」

 

2013711175235.jpg

「嵐山本線 太秦広隆寺」

 

2013711175257.jpg

「浜降祭」

 

2013711175318.jpg

「清水寺のドラゴン」

この作品はわずか3時間半で切り抜いたそうです。

すごい集中力。

 

2013711175335.jpg

「東京タワー」

2013711175440.JPG

「電車シリーズ」

たくさんの電車の切り絵を集めた大作です。

2013711175414.JPG

電車シリーズと一緒に。

作者の柳翔太郎さん。

 

繊細な切り抜きもさることながら、白と黒のコントラスト、そして構図の素晴らしさ。

ぜひご覧になっていただきたい作品ばかりです。

高橋敏「MY FAVORITE COLLECTIONS Ⅱ」

2011年12月1日(木)〜12月28日(水)

今月のギャラリースペースでは高橋敏さんのコレクション展を開催しています。

高橋さんは昨年も風海でコレクション展を開催してくれました。

今回も素晴らしいコレクションの中から選りすぐりの作品を展示していただいています。

月半ばで作品の入換えを行ってくれるそうで、前半は以下の作家の作品を展示販売させていただいています。

「河本正、栗原幸彦、前本利彦、芳澤一夫、マリー・ローランサン、酒井英利、小谷津雅美、櫻井幸雄、宇野千代」

 

201371118131.jpg

河本正「朝」日本画 非売品

201371118150.jpg

小谷津雅美「芥子」日本画 ¥27000

20137111827.jpg

櫻井幸雄「遠いゴール」シルクスクリーン ¥38000

201371118225.jpg

マリー・ローランサン「バルコニーの乙女たち」リトグラフ ¥32000

201371118244.jpg

宇野千代「夜ざくら霞」シルクスクリーン ¥27000

後半の展示予定の作家は・・・

「デビッド・ウィラードソン、シム・シメール、ウィリアム・デシャゾー、アルフォンス・ミュシャ、山内一生、村岡平蔵、あだち充」

となっています。

後半の作品の入換えが終わりましたら、またこのホームページでご紹介いたします。

 

さてさて。

16日に後半の部の作品の入換えが終わったのでご紹介します。

Fastest Draw out West.jpg

デビッド・ウィラードソン「Fastest Draw out West」シルクスクリーン ¥48000

MMMMM.jpg

デビッド・ウィラードソン「MMMMM」シルクスクリーン ¥32000

デビッド・ウィラードソンは世界で数人しかいないディズニー公認画家の一人です。

彼は色を絵に叩き付け、情熱を注ぎ込むように描きます。その技法はアクションペインティングと言われ、ディズニーキャラクターの動きや表情の一瞬を、アニメーションの一部のように大胆に表現しています。

後半の展示ではウィラードソンの作品が大半を占めています。

20137111833.jpg

山内一生「富嶽」和紙画(小原和紙) ¥18000

こちらはウィラードソンの作品とは異なり、渋い色彩の山内一生の和紙画です。

和紙を切り裂き、貼り付ける事で富士を表現しています。

近くで見ると貼り付けられた和紙が盛り上がっていて、立体的な作品となっています。

201371118320.jpg

あだち充「タッチ 朝倉南」セル画 ¥28000

あだち充が描いた究極の甲子園物語、永久不変の名作アニメ「タッチ」。

実際に「タッチ」のアニメーションで使用された貴重なセル画です。

アニメーション好きの方にはたまらない作品なのではないでしょうか。

 

この他にも村岡平蔵、シム・シメールのシルクスクリーン、アルフォンス・ミュシャのリトグラフなどが展示されています。

 

前半同様、販売もしています。

ウィラードソンの作品を含め、既に何点か売約済みになりました。

今年も残りわずかとなりました。

展示は28日(水)まで行っています。

寒いけど、ぜひ風海までお越しになって素晴らしいコレクションに出会ってみてください。

荒木敏子 「ボロきれ」展

今月のギャラリースペースには荒木敏子さんの「布画」が展示されています。

荒木さんの展蘭会は今年で2回目です。

昨年は第2回いせはら文化・芸術めぐりの際に1ヶ月間展示させていただきました。

荒木さんは既に故人となられていますが、今回も伊勢原在住のご子息でチェンバロ・ピアノ作成修復家でもある玉利要二さんのご協力を得て開催させていただきました。

201371118648.JPG

201371118711.JPG

額は全て玉利さんお手製です。

干.JPG

「干」

昭和51年

都民美術展 都知事賞受賞

201371118731.JPG

「紙の上の魚」

昭和49年

都民美術展 奨励賞受賞

201371118749.JPG

「紙の上の魚」を拡大撮影してみました。

全て布の切れ端を貼り付けて緻密に表現されています。

 

昨年の展蘭会のタイトルが、

「えっ!これが布?布画のパイオニア 荒木敏子 布画回顧展」でした。

作品を観に来られる方のほとんどが「えっ、これが・・・」と、タイトルどおりの言葉を発していました。

IMG_2634.JPG

荒木さんの布画作成技法が掲載されている美術雑誌「アトリエ」とともに、玉利さんが亡き母の思い出を綴った冊子「布画作家 荒木敏子の幸せ」も置かせていただいています。

 

言葉で説明するよりも実際に見て感じていただきたい作品ばかりです。

会期は11月30日(水)までです。

尾身伝吉 木版画の世界「伝え継ぐふるさとのこころ」展

2011年10月1日(土)〜30日(日)

今月のギャラリースペースでは新潟県十日町出身の版画家「尾身伝吉」さんの版画展を開催しています。

故郷の新潟だけでなく関東のギャラリーでも精力的に個展を開催されている作家さんです。

 

尾身さんの版画展は今回で3回目。

毎回、素晴らしい版画を楽しまさせていただいています。

こちらも今年で3回目の開催になる「いせはら文化・芸術めぐり」に合わせて、尾身さんの版画展を開催させていただく事になりました。

201371118111.jpg

木版「紅葉の渓谷」

 

2013711181120.jpg

木版「水面に映る秋」

 

2013711181144.jpg

木版「秋の清流」

お彼岸も過ぎ、これからはどんどん秋も深まっていきます。

それにあわせて出展作品を選んでいただきました。

 

201371118123.jpg

絹布木版「みつめる」

今まで見たことのない新しい作風の版画です。

近くで見ると顔料の中に含まれている結晶がキラキラと輝いて不思議な作風となっています。

 

2013711181224.jpg

水彩「故郷の秋の日」

版画だけではなく、水彩画も出展していただいています。

版画と違い、やわらかい筆のタッチが印象的な作品です。

 

2013711181243.jpg

麻布ステンシル「見返りねこ」

「見返り美人」ならぬ「見返りねこ」。

尾身さんは猫好きなのか、以前の展蘭会でも「まねきねこ」の作品がありました。

その作品は購入させていただいて、福を招いてもらえるように常設展示しています。

 

故郷の新潟の風景を題材にしたやさしい色使いの作品が多く、とても心が癒されます。

さわやかな秋風の吹く中、散歩がてら作品をご覧に来られてはいかがでしょうか。

風海 絵画4人展

今月のギャラリースペースでは「風海 絵画4人展」と題して、伊勢原で活躍する4名の方の絵が展示されています。

・高寺広昭さん(油絵、水彩)

・太田瑞穂さん(油絵)

・佐藤洋子さん(油絵、水彩)

・阿部惠子さん(油絵、水彩)

2013711181536.JPG

皆さん美術協会や絵画クラブに所属して腕を磨いています。

2013711181556.JPG

4人それぞれの個性的な絵画が楽しめます。

会期は2011年9月1日(木)〜30日(金)までです。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

上崎雄尚写真展 蜘蛛の糸 -蓮池の中の世界-

2011年8月2日(火)〜31日(水)

今月のギャラリースペースでは上崎雄尚さんの写真展が開催されています。

 1108Uesaki01.jpg

1108Uesaki02.jpg

以下、長文になりますが撮影者の上崎さんが作ってくれたパンフレットから文章を引用させていただきます。

 

ー蓮池の中の世界ー

「ある日のことでございます。お釈迦様は極楽の蓮池のふちを、ひとりでぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は・・・」

ご存知芥川龍之介「蜘蛛の糸」の書き出しである。

まもなく主人公犍陀多が登場すると文庫本でわずか5ページ短編はいっきにクライマックスに向かう。

「何百となく、何千となく、真っ暗な血の池の底から、うようよとはい上がって、細く光っている蜘蛛の糸を、一列になりながら、せっせとのぼって参ります。今のうちにどうにかしなければ、糸は真ん中から・・・」と。

幼い頃から身近にありこの物語から与えられた想像の世界は、今も変わらずに底知れぬ恐れを引きずっている。

家を出て10分ほど歩くと、近くの料亭が拓いた蓮池が広がる。

あの有名な東京上野の池に大きさではくらべるべくもないが、ここで見る蓮池と生き物たちの世界は、不忍池以上の豊かさである。

早朝散歩の途中だから寄らない週は無く、花期は連日ときには朝昼夕と、葉・花・水面の変化と、その間を行き交う小動物も楽しい。

主人の計らいで出入り自由の花園だから、あなたも一度お釈迦様になられたら如何か。

ただし散策路には蜘蛛の糸が待ち構えているから破らぬようにご注意を。

春夏秋冬、見方次第で楽しめる世界がある。

撮影期:2007〜2011

撮影地:市内日向天成園蓮池

伊藤孝夫 コレクション展

2011年7月1日(金)〜31日(日)

今月のギャラリースペースでは伊藤孝夫さんのコレクション展が開催されています。

 

月の前半(1日〜15日)は「茶器に親しむ」と題してお湯呑やコーヒーカップを中心に展示します。

そして、後半(16日〜31日)は「酒器に親しむ」と題して徳利やぐい呑みを中心に展示をします。

 

まずは今月前半の展示のご紹介を・・・。

2013711181830.JPG

2013711181848.JPG

清水焼や九谷焼などの日本製のものからウェッジウッドなどの外国製のものまで幅広く展示をしています。

お湯のみ、コーヒーカップ&ソーサー、そして絵画なども少数ですが展示しています。

販売もしており、手ごろな値段でお買い求めになる事ができるかと思います。

2013711181911.JPG

ウルトラマン!?も何故か奥の方に・・・。

 

 

作品の入れ替えも終わったので、今月後半の展示内容のご紹介をします。

後半は「酒器に親しむ」と題してぐい飲みや徳利をメインに展示しています。

2013711181934.JPG

2013711181955.JPG

2013711182011.JPG

有田や九谷などきらびやかな絵付けのなされたものから、備前焼のように渋めのものまでいろいろと取り揃えています。

後半も展示即売していますのでお好みを酒器を探しに来て見てはいかがでしょうか。

小巻一吉 写真展 「街角の風景」

2011年6月1日(水)〜6月30日(木)

今月のギャラリースペースでは小巻一吉さんの写真展が開催されています。

 

小巻一吉さん略歴

1947年 神奈川県秦野市に生まれる

1971年 大学卒業後、技術者として機械メーカーに入社

2003年 写真クラブに入会し、アドバイスを受ける

      以降、グループ展(毎年)に出展

      各種フォトコンテストに応募

2007年 60歳にて定年退職

2010年 初めての写真集作成(9月)

      初めての個展を開催(9月)

 

今回展示されている写真の一部です(画像をクリックすると拡大表示されます)。

1106komaki03.jpg

 1106komaki01.jpg

 1106komaki02.jpg

1106komaki04.jpg1106komaki05.jpg 多くの作品がモノクロです。

「光」と「影」。

それだけで何かを伝えられる。

陰影礼賛。

‐あふれる楽章‐ 西村知恵 パステル画展

2011年5月1日(日)〜5月31日(火)

今月のギャラリースペースは西村知恵さんのパステル画が展示されています。

1105nisimura_1.JPG

西村さんは県展や様々な展覧会に出品し、数々の賞を受賞されている作家さんです。

今回、パステル画を初めて拝見させていただいたのですが、予想していたよりもやわらかいタッチの作風でした。

1105nisimura_3.JPG

今回の展示では幅1メートル以上もある大作が2枚展示されています。

1105nisimura_2.JPG

女性らしいやわらかい雰囲気の絵を眺めながら、美味しいコーヒーやお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

人心笑(ひとこえ)活動記録写真展

2011年4月1日(金)〜4月30日(土)

4月のギャラリースペースには自主的地域活動サークル「人心笑(ひとこえ」の活動記録写真が展示されています。(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

人心笑はキャンプやバーベキュー、畑仕事などを通じて大人から子どもまで、そこに集まったみんなが、自然と笑いあえることを何より大切に、楽しく活動しています。

 

hitokoe_2.JPGこちらの写真は陶芸教室側の様子。

すだれをたらし、そこに写真が展示されています。

 

 

 

 

hitokoe_3.JPG中央には展示したかったけれどもできなかった写真を集めた大きなパネルが展示されています。

 

 

 

 

 

hitokoe_4.jpg中央の写真左側にはテニスや 料理教室そしてバーベキューの写真が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hitokoe_4.jpg右側にはフットサルと畑仕事、バーベキューの写真が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル席側の展示スペースには昨年行った長野県阿智村でのキャンプの写真が展示されています。

このキャンプは阿智村にある廃校をお借りして行いました。

昼は村人と一緒に道普請。近所の温泉で汗を流した後は、学校の校庭でバーベキュー。美味しい食べ物とお酒を堪能した後は、星空を眺めながら眠りにつく。

こんな感じのキャンプでした。

昨年で2回目でしたが、今年も実施する予定です。

hitokoe_1.JPG

2011年 展示スケジュール

 3月:「エフティ」生徒作品展示会

 4月:人心笑(ひとこえ)活動記録写真展

 5月:「あふれる楽章」西村知恵 パステル画展

 6月:「小巻一吉」写真展

 7月:「伊藤孝夫」コレクション展

 8月:「上崎雄尚」写真展

 9月:風海 絵画4人展(高寺広昭、大田瑞穂、佐藤洋子、阿部惠子)

10月:「尾身伝吉」版画展

11月:「荒木敏子」ボロきれ展

12月:「高橋敏」コレクション展

手作りの店「エフティ」 生徒作品展示会

2011年3月1日(火)〜3月31日(木)ちりめん.JPG

画像をクリックすると拡大表示されます。

ー岩絵具との出会いー 又地真琴 日本画展

201371114655.jpg2011年2月1日(火)〜2月27日(日)

画像をクリックすると拡大表示されます。

風海 絵画4人展

2011年1月4日(火)〜1月30日(日)

1101_fuumiten.jpg河合 明夫(油彩画)

松原 裕(油彩画)

高山 啓子(デッサン画)

加藤 勝(水彩画)